目次へ戻る
特集1 熊本地震の被害と対応
(1) 人的被害

家屋の倒壊や土砂災害が多数発生したことにより、死者139人、重傷者957人、軽傷者1,486人、その他分類未確定の負傷者138人(10月27日時点)と多くの被害が生じ、そのほとんどが熊本県での発生となった(特集1-4表)。

特集1-4表 都道府県別死傷者数

CSVファイルはこちら

※ 死者数の内訳は次のとおり(熊本県より報告)

  1. 地震の直接的な影響による死者数(警察が検視により確認) 50人
  2. 災害による負傷の悪化又は避難生活等における身体的負担による死者数 84人
  3. 6月19日から25日に発生した大雨による被害のうち熊本地震との関連が認められた死者数 5人
特集1 熊本地震の被害と対応
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む