目次へ戻る
特集1 熊本地震の被害と対応
4.地震対応の検証と課題
(1) 地震対応の検証

政府は、発災直後から非常災害対策本部及び政府現地対策本部を設置し、被災自治体に応援職員等を派遣して、初動対応に当たった。こうした初動対応の経験を今後の災害対応に活かしていくため、内閣官房副長官を座長とする「平成28年熊本地震に係る初動対応検証チーム」において、自治体支援、避難所運営、物資輸送等の初動対応についての検証を行った。

さらに、初動対応検証チームの検証結果も踏まえ、平成28年7月に中央防災会議・防災対策実行会議の下にワーキンググループが設置され、災害時における応急対策及び生活支援のあり方について検討がなされている。

特集1 熊本地震の被害と対応
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む