目次へ戻る
特集5 伊勢志摩サミットにおける消防特別警戒の実施
1.サミット開催までの取組

平成27年6月5日に当地域におけるサミット開催が決定されたことを受け、サミットの成功に向けて政府が一丸となって準備に取り組むため、内閣官房副長官を議長とする「伊勢志摩サミット準備会議」が、本会議の下には「伊勢志摩サミット準備会議警備対策部会」が設置された。9月15日には「伊勢志摩サミットにおける警備対策の基本方針」が決定され、テロ災害対応の強化、重要施設における警戒の強化などが定められた。

過去に3回開催された東京サミット、平成12年の九州・沖縄サミット、平成20年の北海道洞爺湖サミットと同様、警戒を行ってきた。今回のサミットにおいても消防特別警戒を行うこととし、警戒エリアの消防力を強化することにより、災害の未然防止や被害の軽減を図り、消防責任を果たしていくため、全国的な応援体制を構築することとした。

消防庁においては、平成27年6月15日に消防庁に「消防庁伊勢志摩サミット等対策準備本部」を設置し、関係省庁と警戒に係る具体的な協議・調整を重ねた。また、7月29日には、サミット警戒期間中における円滑な警戒活動の推進を目的として、消防庁次長を委員長とし、三重県、愛知県、開催地消防本部、応援消防本部、全国消防長会の職員を委員とした「伊勢志摩サミット消防・救急対策委員会」を設置するとともに、本委員会の下、個別具体的な活動計画を策定するための警防・予防部会をそれぞれ設置し、サミット開催期間中における警防計画・予防計画の策定に着手した。

これらを踏まえ、警防対策としては、テロ対応車両及び資機材の増強配備によるテロ対応体制の強化、各警戒対象施設、現地警戒本部におけるNBC災害対応訓練、警戒に当たる各部隊長を対象とした警防視察及び災害活動要領の確認を行った。

予防対策としては、地元消防本部と応援消防本部が協力して、サミット関係施設において立入検査及び防火指導の実施した。

さらに、主会場、首脳宿泊場所をはじめとした各警戒対象物における、施設関係者と連携した災害対応訓練、統括警戒本部運営訓練、ヘリテレ及びヘリサットシステムの映像受信訓練を実施するなど、火災等の未然防止とテロ災害等発生時の確実な対応要領を確認し、体制の構築を図った。

消防特別警戒の実施に先立ち、サミット警戒に従事する消防隊員を激励し、隊員の士気高揚を図るため、平成28年5月24日に三重県志摩市「サンアール磯部」に消防職員約640人、消防車両46台が集結し、結団式が行われた。式の中では、消防庁長官(代理:消防・救急課長)をはじめ、三重県知事、全国消防長会会長、志摩市長から激励を受けた。また、同日、愛知県常滑市「常滑市消防本部」においても、消防職員約130人、消防車両13台が集結し、中部国際空港の警戒に当たる消防部隊の結団式が行われた。

消防・救急対策委員会警防部会
主会場におけるNBC対応訓練
特集5 伊勢志摩サミットにおける消防特別警戒の実施
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む