目次へ戻る
特集5 伊勢志摩サミットにおける消防特別警戒の実施
(2) 応援体制

サミット開催地の消防体制やサミット関係施設の状況、テロ災害が発生している近年の社会情勢を踏まえ、実施期間中は常時三重県内外から消防車両99台、消防ヘリ6機、消防職員等1,014人(警防要員912人、予防要員102人)の消防特別警戒体制を構築した。

特にテロ災害対応を重視し、特殊災害対応車、大型除染車、ヘリコプター等を増強配備した。

結団式会場に全国から集結した消防隊と消防車両
特集5 伊勢志摩サミットにおける消防特別警戒の実施
テキスト形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む