English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ
伊良湖水道貨物船衝突事故について(第3報)
                      平成11年6月30日18時現在
                      消防庁特殊災害室
 
1 発生日時・場所
  平成11年6月29日16:55頃
  北緯34度32分54秒・東経137度00分(愛知県渥美町伊良湖岬の沖合)
 
2 海難船舶の要目
  船名:日清(自動車運搬船)  総トン数:6,492トン
  船名:第八東星丸(貨物船)  総トン数: 497トン
 
3 海難の概要
 ・愛知県渥美町伊良湖岬の沖合で自動車運搬船「日清」と貨物船「第八東 星丸」が上記1の日時場所において衝突し、約5分後第八東星丸が沈没し、 燃料油(重油)が流失したもの。
 ・第8東星丸の乗員5名のうち甲板長が29日救出され、船長など残り4 名が行方不明で捜査中。
 ・海上荒天のため、燃料タンクの計測が困難で、流出量は不明である。
 
4 流出油の状況等
(1)6月29日
 ・ 17:28 鳥羽海上保安部から16:55頃貨物船と自動車運搬船が衝突し、そ  のうち1船が沈没した模様で、油流出の可能性有り。
 ・ 18:37 自動車運搬船「日清」と貨物船「第8東星丸」の衝突で、「第8  東星丸」の乗員5名のうち1名救助し、残り4名を海上保安庁の巡視船  9隻で捜査中。油流出については、海上荒天のため未確認。
 ・ 愛知県西部は、大雨雷強風波浪注意報が、三重県では、大雨警報のた  め、視界が不良であった。
(2)6月30日
 ・  7:30 衝突地点から北東へ長さ約3.2q、幅30〜100mで、南東方向  方向広がりつつある。(航空機より確認)
   沿岸への漂着のおそれは、風向きによって伊勢湾内へ拡がる可能性が  ある。
 ・ 10:20 神島南東(灯台下付近沖合約70m)に帯状の油を三重県防災ヘ  リで確認。
 ・ 10:30 三重県鳥羽市浦村町生浦湾に浮かぶ筏に漂着する油を三重県防  災ヘリで確認。
 ・ 12:30 愛知県所有の監視船「あゆち丸」が神島南東において薄い油を  確認。
 ・ 15:10 三重県伊勢市宮川沖に帯状の油らしきものを防災ヘリで確認。
 ・ 15:15 神島東に帯状の油を防災ヘリで確認。
 ・ 15:21 三重県鳥羽市答志町答志漁港内において円状の油を防災ヘリで  確認。
 ・ 15:26 三重県鳥羽市浦村町生浦湾において帯状の油を防災ヘリで確   認。
 ・ 15:36 三重県志摩郡阿児町的矢湾において帯状の油を防災ヘリで確   認。
 ・ 浮流油で、神島の南東において、幅5〜10m、長さ1q程度残ってお  り、当初油回収ネット及び油吸着マットで回収し、その後油処理剤を散  布する方針だったが、浮流油が拡散しているため状況を見守っている。
 ・ 行方不明者については、鳥羽海上保安部の巡視艇14隻で捜査中。
 
5 県等の対応
(三重県)
 ・ 防災ヘリにより上空から油流出箇所の確認調査を行った。
 ・ 関係市町村については、注意喚起を行っている。
(愛知県)
 ・ 防災ヘリにより上空から油流出箇所の確認調査を行った。
 ・ 監視船「あゆち丸」により油流出箇所の確認調査を行った。
戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー