English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ
消防庁の紹介


参事官
(1)救助技術の高度化の推進
 消防救助隊は、現在全国に約1,500隊設置されており、火災、交通事故、水難事故、自然災害等幅広い災害からの人命救助に日夜活動しています。消防庁では、最新の装備等による救助活動技術の向上を目指し、救助技術の高度化に関する検討等に取り組み、平成10年度から、毎年全国救助シンポジウムを開催しており、パネルディスカッション等による活発な意見交換や事例研究などが行われています。

JR西日本福知山線列車事故
 
(2)テロ災害対応について
消防資機材の整備、危機管理教育訓練の充実、関係機関との連携強化
 消防庁では、これまで、大規模災害やNBCテロ災害を含む特殊災害への対応能力強化のための消防法の改正(広域応援のための緊急消防援助隊の登録、消防庁長官による緊急消防援助隊の出動指示権の付与等の法整備)、NBCテロ対応資機材の配備、特殊災害に係る消防大学校、都道府県の消防学校等における教育内容を充実するとともに、自衛隊化学学校等で消防職員の研修などを行い、万が一発生した場合に対しても迅速に対処できるように取り組んでいます。また、様々な災害を想定して、現場の機関と連携した訓練を随時実施しています。

 
地下鉄構内からの消防・警察機関による救出救助活動訓練
(3)国際緊急援助体制の整備
 消防庁では、海外で大規模災害が発生した場合、世界のトップレベルにある我が国の消防救助技術を活用して被災国を支援するため、昭和61年から国際消防救助隊(International RescueTeam of Japanease Fire-Service 略称“IRT-JF”愛称“愛ある手”)を整備しています。国際消防救助隊は、全国の77消防本部、599名の隊員から編成され、被災国からの援助要請を受けて、その高度な技術と能力を海外被災地で発揮しており、平成22年4月1日現在、17回の派遣実績があります。 平成21年9月30日に発生したインドネシア西スマトラ州パダン沖地震災害では、国際救助隊17名を派遣し、捜索救助活動にあたりました。 消防庁では、これまでの国際消防救助隊の活動を検証し、より効果的な国際緊急援助体制の構築に取り組んでいます。

パダン市街地で活動する国際消防救助隊
パダン市街地で活動する
国際消防救助隊
パダン市街地で活動する国際消防救助隊
パダン市街地で活動する
国際消防救助隊


(4)消防防災分野における国際協力・交流の推進
 災害から国民の生命、身体及び財産を守るということは、万国共通の課題であり、消防防災分野での国際協力・交流は近年、インド洋津波災害等の地球規模の災害が多発する中で必要性・緊急性の高い分野となっています。 消防庁では、開発途上諸国に対する技術協力の一環として、タイ王国の救助技術向上のため、現地消防防災担当職員に対する技術指導・資機材供与を実施するなど、今後の復興・復旧につながる人的支援を果たしています。また随時、海外からの研修生受入れや海外への専門家派遣を実施するほか、日韓消防行政セミナーやトップマネージャーセミナー(海外消防防災機関幹部との交流セミナー)等の交流を定期的に開催し、国際協力・交流に積極的に取り組んでいます。
 
ベトナム公安省消防大学校幹部との交流セミナー
海外研修生に対する救急救助技術研修
(大阪市消防局)
 
戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー