消防関係製品に関する消費者事故等について

消防関係製品の不具合・事故等について 平成30年

平成22年4月1日以降、総務省消防庁に報告があったものを対象としています。

平成30年

発生日時 発生場所
(都道府県)
製品の種類
(製造者名・形式番号又は製品名)
物的被害 人的被害
平成30年9月25日11時00分 高知県 エアゾール式簡易消火具 あり なし
概要:

留守宅の台所において、製品本体の底部が抜け、底部際の側面がめくれ上がり、消火薬剤が漏洩した状態で発見されたもので、天井ボードに幅10pほどの損壊を確認したもの。

平成30年08月26日17時00分 長野県 エアゾール式簡易消火具 なし なし
概要:

一般住宅において、家人が台所にて調理中、炊飯器横に置かれていたエアゾール式簡易消火具が破裂し、壁に衝突したもの。

平成30年07月06日18時00分 三重県 エアゾール式簡易消火具 あり なし
概要:

台所の入り口付近に置いてあったエアゾール式簡易消火具が突然破裂し、飛び散った消火薬剤により、木製の引き戸が一部変色したもの。

平成30年07月02日 広島県 泡消火設備の加圧送水装置 なし なし
概要:

ホテルの地下1階ポンプ室に設置された泡消火設備の加圧送水装置の一部が焼損したもの。

平成30年06月17日 沖縄県 自動火災報知設備の受信機 なし なし
概要:

共同住宅の1階外壁に設置された自動火災報知設備の受信機内の基板から出火したもの。

平成30年04月16日13時30分 京都府 エアゾール式簡易消火具(ヤマトプロテック㈱FMボーイK) 天井1か所及び懐中電灯 なし
概要:

台所の床上に置いていたエアゾール式簡易消火具が破裂し、天井1か所及び付近の懐中電灯が破損した。

平成30年01月04日 東京都他8道府県 パッケージ型自動消火設備Ⅱ型 なし なし
概要:

パッケージ型自動消火設備Ⅱ型の加圧用ガス容器から少量のガス漏れが生じることにより、放出口から少量の薬剤漏れが生じた。
平成30年1月4日以降、6月4日までに同様の事案が計20件発生した。

※製造者・販売者等において、無償修理、交換、返金等の措置を行うとして公表済み。

消防関係製品の消費者事故等についてに戻る

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)

ページの先頭へ