English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ

ハロンを使用したエアゾール式簡易消火具は
「天ぷら油火災」に有効ではありません
【解説】

 天ぷら油火災は、揚げ物中にその場を離れてしまったときなど、ほんの少しの油断が引き起こす火災です。
 この天ぷら油は、油温が約360℃になると発火します。その後、急激に油温が上昇し、約400℃になるとハロンタイプのエアゾール式簡易消火具では、ひとたび消火したように見えてもすぐに再燃し、消火に失敗してしまう可能性が極めて大きいのです。(下の動画を御覧ください)
 これは、ハロンでは燃焼物を冷却する効果を持たないため、油温を下げることができず、ハロンを放射しきってしまうと再びすぐに発火してしまうことによるものです。
 なお、強化液タイプのエアゾール式簡易消火具を使用すれば冷却効果を持つため、上昇した油温も発火温度以下に下げることができることから、消火の開始時期が多少遅れてもほぼ確実に再燃することなく消火することができます。 

 天ぷらを揚げている最中にその場を離れるときは、弱火でも油温が上昇して火災になる危険性がありますので必ず火を消しましょう。消火も大切ですが、火災にならないように日頃から心掛けることが大切です。


ハロン とは

 フルオロカーボン(通称:フロン)のうち、臭素を含むものが通称ハロンと呼ばれています。ハロンは、高絶縁性、低毒性、高浸透性、低汚損性等の利点を有する優れた消火剤ですが、フロンと同様にオゾン層を破壊する性質があることから、オゾン層保護のためのウィーン条約に基づき、みだりな放出の防止や改修・再利用の推進などについて国際的な取り組みがなされており、我が国においても、1994年以降ハロンの生産等を全廃し、ハロンバンクによる回収・再利用、他の消火剤等に代替できない不可欠な分野以外への新規設置抑制などの取り組みがなされています。


強化液 とは

 カリウム、ナトリウムなどのアルカリ金属塩類等の水溶液であり、水系であるため浸透性が高く、火災に対して冷却・窒息・抑制の作用があります。


エアゾール式簡易消火具 とは

 家庭内で発生した比較的初期段階での小火災の消火を想定した簡易消火具であり、くずかご、石油ストーブ、カーテン、天ぷら油等の火災に有効となるよう、薬剤の量、試験方法等について消防庁長官が定める基準に適合するものをいいます。
 エアゾール式簡易消火具は、日本消防検定協会という検査機関において、先の基準に適合するか否かについての鑑定試験が実施され、この試験に合格したものについては鑑定合格ラベルが貼付されています。



戻る
戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー