English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ
.案件名
 昭和49年自治省告示第99号(危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示)の一部を改正する告示案についての意見募集について

.案件の内容・説明
【特定屋外タンク貯蔵所の液面揺動について長周期地震動の地域特性を反映した溢流防止】
@ 平成15年9月の十勝沖地震の直後に発生した屋外タンク貯蔵所の火災を受け、地盤等の地域特性により「やや長周期地震動」の影響による液面揺動が増幅されることが判明したことから、屋外タンク貯蔵所の液面揺動に関して「やや長周期地震動」による地域特性を考慮した補正係数を導入し、地震時においても溢流の生じない液面管理を図る。(第4条の20第2項第3号)

【浮き屋根の耐震性強化】
A 従来、浮き屋根の耐震強度は事業者独自の基準により設計されていたところであるが、長周期地震動の影響を考慮した浮き屋根の強度評価による技術基準を策定し、浮き屋根の耐震性確保を図る。(第4条の21の4)
B さらに、浮き屋根の耐震機能強化対策として、浮力を確保するうえでの想定破損室数、浮き屋根の強度確保の前提となる溶接方法、浮力を失わないためのマンホールの構造、浮き屋根上の排水設備からの危険物流出防止について技術基準を改正又は新設する。(第4条の22)

【固定式の泡消火設備の一体的な点検方法】
C 屋外タンク貯蔵所に設ける固定式の泡消火設備について、従来から規定されている定期点検のみでなく、送液機能、発泡性能等の一体的な確認を行うための点検方法を定める。(第72条)

 

.施行(予定)日について
平成17年4月1日

 本改正案につきまして御意見等がございましたら、〈意見募集要項〉に沿ってご提出下さい。
 なお、御意見に対しての個別回答は致しかねますので、その旨御了承願います。


 昭和49年自治省告示第99号(危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示)の一部を改正する告示案



意見募集要項〉
.  意見提出期限
 平成16年12月22日(水)(郵送の場合は同日必着)

.  意見提出方法
  氏名、職業及び連絡先(住所、電話番号、電子メールアドレス等)を御記入の上、次に掲げるいずれかの方法で提出して下さい。
  なお、電話による御意見の提出には対応しかねますので、あらかじめ御了承下さい。

ファクシミリの場合
FAX番号 03−5253ー7534

郵送の場合
〒100−8927
 東京都千代田区霞が関2−1−2 総務省消防庁危険物保安室 あて

電子メールの場合
 電子メールアドレス matsumoto-h@fdma.go.jp
 電子メールで送付される場合は、題名を「パブリックコメント」とし、ファイル形式はテキスト形式としてください。

   ご提出いただいた記載内容につきましては、連絡先を除き、すべて公開される可能性があることを御承知おき願います。

.  お問い合わせ先
 消防庁危険物保安室(担当:松本)
 電話:03−5253−7524
 FAX:03−5253−7534
 電子メール:matsumoto-h@fdma.go.jp

.  資料の入手方法
   消防庁ホームページへの掲載、消防庁文書閲覧窓口にて手交



 
戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー