English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ
.案件名(Subject: Request of Public Comments)

 金属製避難はしごに係る技術上の規格を定める省令(案)についての意見募集について
 (Request of Public Comments on (Draft)amending the Ministerial Ordinance of Technical Standards and Requirements for Metal Escape Ladders)


.案件の内容・説明(Descriptions and Explanation Request)

(1)

金属製避難はしごの技術上の規格を定める省令(昭和40年自治省令第3号。以下「省令」という。)において、固定はしご、立てかけはしご及びつり下げはしごに関する規格を定めているが、このうちつり下げはしごについては、防火対象物に沿った状態で使用することを前提として定められている。しかしながら、近年、通常は避難器具用ハッチに格納され、使用時に防火対象物からつり下げるはしごのうち、防火対象物と接しない状態で使用するものが多く設置されている状況にある。
 このような実態に鑑み、ハッチに格納して使用するつり下げはしご(以下「ハッチ用つり下げはしご」という。)の使用時の揺れ幅や強度及び耐食性等についての試験を新たに定めるため、省令の一部を改正するものである。

  The Ministerial Ordinance on the Technical Specifications for Metal Escape Ladders (Home Affairs Ministry Ordinance No. 3 in 1965 hereinafter referred to as the “Ministerial Ordinance”) sets down the specifications applicable to fixed ladders, prop ladders, and suspended ladders. The Ministerial Ordinance assumes that suspended ladders will be used in abutting contact with a building wall. However, as a recent trend, many suspended ladders are normally retracted into a fire escape apparatus hatch, and they are used in cases of emergency without abutting against a building wall.
  Taking such trend into consideration, Ministry of Internal Affairs and Communications intends to amend a part of the Ministerial Ordinance in order to set down new rules on a test that checks the shaking movement, strength and corrosion resistance of suspended ladders retractable into a hatch (hereinafter referred to as “hatch-retractable suspended ladders”).


(2)

そのほか、JIS規格が改正されたことに伴い、規格番号を引用する等所要の規定整備を図るものである。

  In addition, as the Japanese Standards Association has revised JIS, Ministry of Internal Affairs and Communications intends to make the necessary amendments to the Ministerial Ordinance, such as citing the new standard numbers.

金属製避難はしごの技術上の規格を定める省令の一部を改正する省令(案)概要
  Summary of Amending the Ministerial Ordinance of Technical Standards and Requirements for Metal Escape Ladders(Draft))

金属製避難はしごの技術上の規格を定める省令の一部を改正する省令(案)

金属製避難はしごの技術上の規格を定める省令の一部を改正する省令(案)新旧対象条文



.その他(others)

 施行期日は、平成18年3月1日とすること。(附則関係)
(Effective Date of Execution: March 1, 2006(Supplemental Provision))

 本改正案につきまして御意見等がございましたら、〈意見募集要項〉に沿ってご提出下さい。
 なお、御意見に対しての個別回答は致しかねますので、その旨御了承願います。
  (If anyone is interested in expressing opinions, please submit it in accordance with guideline below < Opinion Submission Guide Line> . Please understand that no individual base of response will be made.)


意見募集要項(Opinion Submission Guide Line)〉
.意見提出期限
 平成17年11月7日(月)(郵送の場合は同日必着)
  (Submission Termination Date: November 7, 2005 (In case of mail submission, it shall reached by this date).)

.意見提出方法(Submission Instruction)
 氏名、職業及び連絡先(住所、電話番号、電子メールアドレス等)を日本語で御記 入の上、次に掲げるいずれかの方法で提出して下さい。
 なお、電話による御意見の提出には対応しかねますので、あらかじめ御了承下さい。
  (Your opinion shall be in a written format in Japanese with your name, occupation, and place of contact (address, telephone number, e-mail address and etc.)
  We kindly request of your understanding that we are not able to accept your opinion over telephone.)

ファクシミリの場合
FAX番号 03−5253−7533
  (In case of submitting your opinion by a facsimile: please use the following number:03-5253-7533)

郵送の場合
〒100−8927
 東京都千代田区霞が関2−1−2 総務省消防庁予防課 あて
  (In case of submitting your opinion by a regular mail: Please address your mail to the following address:Fire and Disaster Management Agency of Fire Prevention Division, Ministry of Internal Affairs and Communications 2-1-2, Kasumigaseki, Chiyoda-Ku, Tokyo 100-8927, JAPAN)

電子メールの場合
 電子メールアドレス kitano-j@fdma.go.jp
 電子メールで送付される場合は、ファイル形式をテキスト形式として下さい。
  (In case of submitting your opinion by an e-mail: Please use the following e-mail address:kitano-j@fdma.go.jp The file format of e-mail must in Text format.)
 ※電子メールで送付される場合は、ファイル形式をテキスト形式として下さい。

ご提出いただいた記載内容につきましては、連絡先を除き、すべて公開される可能性があることを御承知おき願います。
  (We would like to ask your kind understanding that with exception of your address, the contents of all your opinion may have a possibility of making it publicly known.)

.  問い合わせ先(Point of Inquiry)
 総務省消防庁予防課(担当:北野)
  (Fire Prevention Division of Fire and Disaster Management Agency : Kitano (Person in Charge)
Telephone Number: +81-03-5253-7523
Facsimile Number: +81-03-5253-7533
E-Mail Address: kitano-j@fdma.go.jp

 電話:03−5253−7523
 FAX:03−5253−7533
 電子メール:kitano-j@fdma.go.jp

.  資料の入手方法(Information and Resources)
   消防庁ホームページへの掲載、消防庁文書閲覧窓口にて入手
  (You may be able to obtain addition information and reference materials from Reference Library Room of Fire and Disaster Management Agency that is listed on the homepage of Fire and Disaster Management Agency.)



 
戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー