HOMEイベントレポート

イベントレポート

平成28年度女性学生向け消防職業体験イベント開催!

皆さん、女性消防士と聞いてどんなことを思いますか?
女性消防士は少ない、活躍出来る場が少なそう、体力がないとダメそう…。
色々なことを感じられると思います。
そんな皆さんの不安に答えたり、入庁の動機、現在の仕事、女性の消防士の存在意義などを
実際の女性消防士に間近で話を聞けるイベントを開催致しました。

2017年9月3日埼玉で行われた「消防職業体験イベント(1dayインターンシップ)」。
イベントでは、消防士の仕事についての基調講演のほか、
女性消防士との座談会、様々な消防本部紹介、消防署の見学にも行きました。

レポートムービー

vistior’s voice

各消防本部ブースで話をする中で、分からなかったことや、曖昧なことも知ることができて個別に話すことができたのはとても貴重な体験でした。採用試験のことや消防学校のことなども詳しく知ることができて良かったです。〈大学生〉

女性隊員との座談会がとても印象に残りました。女性目線のことも聞けたので今回来て本当に良かったです。
ありがとうございました。〈高校生〉

市町村ごとにかなり特色が違ったことが印象に残った。
少し昔のように女性に対してタブーな感じがなく、受け入れの器が大きくなっていることが印象に残りました。
〈専門学生〉

単なる説明会ではなく、消防本部ブースや座談会ブースで、近い距離でお話をお聞きでき、
より消防の実態を知れたし、貴重な経験ができた。〈大学生〉

人を助けるためには日々過酷な訓練をしていると思っていましたが、厳しい中にも女性・男性関係なく取り組んでいる姿勢に魅力を感じました。女性ならではの視点を大いに活かせる職場だと思いました。実際の訓練の様子を見ることができて貴重な体験でした。〈大学生〉

採用試験を受験しようと思っていなかった消防も各消防本部ブースで話を聞いてみて、興味がわきました。〈専門学生〉

体力に自信がないので自分にはあまり縁のない仕事かと思っていましたが、今回参加してみて消防には様々な仕事があり、自分にも活躍のチャンスがあるかもしれないと思いました。参加できて良かったです。ありがとうございました。〈高校生〉

photo

女性消防士のシゴトについてのパネルディスカッション。女性消防士の魅力について話しました。

消防本部ブース。各消防本部の特徴について説明しました。

座談会ブースでは、各職種について説明。先輩職員が学生のギモンに答えます。

女性消防職員のオン・オフの話や、シゴトでのやりがいについて話しました。

“地元密着”の消防士のシゴト。自分の大切な街を守るシゴトについて話しました。

消防署の見学。救急車や消防車の中も見せてもらいました。

救急訓練を再現。
実際に使う道具なども見せてもらいました。

女性が使用する宿泊室など。
女性専用の部屋を見せてもらいました。

訓練の様子の見学。
迫力ある訓練に圧倒されました。

イベント参加予約

pagetop