トップページ  |  制度の概要  |

制度の概要

「適マーク制度」とは

「適マーク制度」は、宿泊施設からの申請に基づいて、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対し、「適マーク」を交付する制度です。
宿泊施設が「適マーク」を掲出することにより、建物の安全・安心に関する情報を利用者に提供することが可能となります。
「適マーク制度」とは

対象となる建物について

「適マーク制度」の対象となるのは、収容人員が30人以上で、地階を除く階数が3階以上の宿泊施設です。なお、地域の実情によって、消防機関が対象を別に定めている場合があります。

「適マーク」の種類

「適マーク」には金色と銀色の2種類があります。
消防機関が審査した結果、表示基準に適合していると認められた場合は、「適マーク(銀)」が交付されます。3年間継続して表示基準に適合していると認められた場合は、「適マーク(金)」が交付されます。
左:適マーク(銀) 右:適マーク(金)

さらに詳しく

宿泊施設をご利用の皆様はこちら
宿泊施設の事業者の皆様はこちら
ページトップへ
  • 制度の概要
  • 宿泊施設をご利用の方へ
  • 宿泊施設事業者の方へ
  • 適マークの交付基準
  • 申請・交付の流れ
  • 申請に必要な書類
  • 交付後の注意点
  • Fire Safety Certification Mark System English Guide 英語版のご案内はこちらから CLICK HERE
  • 宿泊施設利用者向け 制度がよくわかるリーフレットのPDFはこちら
  • 宿泊施設事業者向け 制度がよくわかるリーフレットのPDFはこちら
  • Guide to the "Fire Safety Certification Mark System" for hotels.(PDF)
  • 各種リンク集