トップページ  |  制度の概要  |  宿泊施設事業者の方へ  |

宿泊施設事業者の方へ

「適マーク制度」は、宿泊客の安全・安心に対する信頼を獲得するための制度です。

平成24年5月13日、広島県福山市のホテルにおいて、死者7名、負傷者3名(うち従業員1名)という重大な人的被害を伴う火災が発生しました。建物については、木造部分と鉄筋コンクリート造部分が一体利用された違法建築物であり、建築基準法上、階段の防火区画(たて穴区画)などが不適合となっていました。
また、消防法上、消防用設備等の点検報告の未報告や自衛消防訓練の未実施、屋内消火栓の一部不備といった消防法違反が長期間是正されていませんでした。
宿泊施設は、不特定多数の方が利用することから、消防法令により、火災時の初期消火や避難誘導のための計画作成や訓練の実施、消火設備や警報設備などの消防用設備等の設置、階段や避難口の管理等、さまざまな防火安全対策を講じることとされています。
「適マーク」は、これらの対策が適切に講じられていることを消防機関が審査し、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた場合に交付されるものです。

交付の基準
建築基準法令に係る基準を満たす必要があります。消防法に基づく各種届出、建築基準法に基づく届出などを確認し、判断されます。
交付の基準
詳しくはこちら
申請・交付の流れ
「適マーク」の交付を希望する場合は、『表示マーク交付(更新)申請書』に必要書類を添付して、その地域を管轄する消防機関に申請してください。
申請・交付の流れ
詳しくはこちら
申請に必要な書類
防火対象物定期点検結果報告書、消防用設備等、点検結果報告書、定期調査報告書などの提出が必要です。また必要に応じて提出する書類があります。
申請に必要な書類
詳しくはこちら
交付後の注意点
交付された後には「適マーク」の有効期限や掲出場所、公表方法などについての注意をご確認ください。
交付後の注意点
詳しくはこちら
よくあるご質問はこちら
ページトップへ
  • 制度の概要
  • 宿泊施設をご利用の方へ
  • 宿泊施設事業者の方へ
  • 適マークの交付基準
  • 申請・交付の流れ
  • 申請に必要な書類
  • 交付後の注意点
  • Fire Safety Certification Mark System English Guide 英語版のご案内はこちらから CLICK HERE
  • 宿泊施設利用者向け 制度がよくわかるリーフレットのPDFはこちら
  • 宿泊施設事業者向け 制度がよくわかるリーフレットのPDFはこちら
  • Guide to the "Fire Safety Certification Mark System" for hotels.(PDF)
  • 各種リンク集