English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ
平成11年(1月〜6月)における火災の概要(概数)について
平成11年9月21日 防 災 情 報 室
目   次
1 全国の概要 ----------------------------------------------- 1 (1) 出火件数 ----------------------------------------------- 1 (2) 死傷者数 ----------------------------------------------- 2 (3) 火災による損害 ----------------------------------------- 2 2 都道府県の概要 ------------------------------------------- 2 (1) 総出火件数 --------------------------------------------- 2 (2) 建物火災件数 ------------------------------------------- 2 (3) 死者数 ------------------------------------------------- 3 (4) 負傷者数 ----------------------------------------------- 3 (5) 焼損棟数 ----------------------------------------------- 3 (6) り災世帯数 --------------------------------------------- 3 (7) 建物焼損床面積 ----------------------------------------- 4 (8) 建物焼損表面積 ----------------------------------------- 4 (9) 林野焼損面積 ------------------------------------------- 4 (10) 損害額 ------------------------------------------------- 4 3 建物用途別にみた火災発生状況 ----------------------------- 5 4 出火原因別にみた火災発生状況 ----------------------------- 5 (1) 全火災 ------------------------------------------------- 5 (2) 建物火災(爆発を除く) --------------------------------- 6 (3) 林野火災(爆発を除く) --------------------------------- 6 (4) 車両火災(爆発を除く) --------------------------------- 7 (5) 船舶火災(爆発を除く) --------------------------------- 7 (6) 航空機火災(爆発を除く) ------------------------------- 8 (7) その他火災(爆発を除く) ------------------------------- 8 (8) 爆発のみの火災 ----------------------------------------- 9 5 死傷者の発生状況 ----------------------------------------- 9 (1) 火災種別死者発生状況 ----------------------------------- 9 (2) 建物用途別死者発生状況 --------------------------------- 9 (3) 火災種別負傷者発生状況 ---------------------------------10 (4) 建物用途別負傷者発生状況 -------------------------------10 (5) 死者の発生した経過別死者発生状況 -----------------------11 (6) 年齢層別死者発生状況 -----------------------------------11 (7) 複合条件による死者発生状況 -----------------------------11 ア 年齢総別及び火災種別 ---------------------------------11 イ 年齢総別及び建物用途別 -------------------------------12 ウ 年齢総別及び死者の発生した経過別 ---------------------13 6 過去5年間の火災の推移 別表 1 全国の概況 (1) 出火件数  平成 11年上半期における総出火件数は32,163件で、これは、1日当たり約178件、
約8分に1件の火災が発生したことになります。 これを火災種別ごとにみますと、以下のとおりです。 建物火災 17,719件(55.1%) 林野火災 2,099件( 6.5%) 車両火災 3,914件(12.2%) 船舶火災 65件( 0.2%) 航空機火災 1件( 0.0%) その他火災 8,365件(26.0%)  また、それぞれを前年と比べますと、以下のとおりとなります。   総出火件数 3,210件( 11.1%)  増加  建物火災 529件( 3.1%)  増加  林野火災 852件( 68.3%)  増加  車両火災 283件( 7.8%)  増加  船舶火災 2件( 3.2%)  増加  航空機火災 1件(-50.0%) 減少  その他火災 1,545件( 22.7%)  増加  (2) 死傷者数  平成11年上半期における死者数は1,209人、負傷者は4,002人で、これは、
1日あたり死者が6.7人、負傷者が22.1人それぞれ発生したことになります。
また、死者は、火災26.6件に1人、負傷者は8.0件に1人発生したことになります。 死者数、負傷者数についてそれぞれ前年と比べますと、以下のとおりです。 死者  34人(-2.7%) 減少  負傷者 44人(-1.1%) 減少  (3) 火災による損害 火災による損害については、以下のとおりです。 焼損棟数 24,151棟 (    133棟/1日 1.4棟/件) り災世帯数 16,838世帯(   93世帯/1日 1.0世帯/件) 建物焼損床面積 865,071u (   4,779u/1日 48.8u/件) 建物焼損表面積 99,243u (    548u/1日 5.6u/件) 林野焼損面積 102,177a (    565a/1日 48.7a/件) 損害額 746億1,389万円(4億1,223万円/1日 232万円/件) これらを前年と比べますと、それぞれ以下のとおりとなります。 焼損棟数 855件 ( 3.7%) 増加  り災世帯数 527世帯( 3.2%) 増加  建物焼損床面積 6,481u ( -0.7%)減少  建物焼損表面積 14,359u ( 16.9%) 増加  林野焼損面積 39,046a ( 61.8%) 増加  損害額 66億6,097万円( -8.2%)減少 
2 都道府県の概況  都道府県別の火災件数、死傷者、損害状況について、多い順及び少ない順にみますと以下のとおりです。 (1) 総出火件数 多い順 少ない順 東京都  3,464件 富山県  128 件 大阪府  2,045件 福井県  144 件 愛知県  2,023件 鳥取県  159 件 千葉県  1,588件 石川県  191 件 神奈川県 1,525件 徳島県  203 件 (2) 建物火災件数 多い順 少ない順 東京都  1,957件 富山県  87 件 大阪府  1,327件 福井県  95 件 愛知県  977件 鳥取県  101 件 北海道  860件 島根県  115 件 神奈川県 840件 山梨県  117 件 (3) 死者数 多い順 少ない順 神奈川県 70人 島根県  5 人 大阪府  69人 福井県  7 人 東京都  65人 奈良県  8 人 埼玉県  58人 石川県  9 人 千葉県  55人 鳥取県  9 人 (4) 負傷者数 多い順 少ない順 東京都  560人 沖縄県  2 人 大阪府  346人 鳥取県  17 人 神奈川県 251人 徳島県  21 人 埼玉県  209人 島根県  22 人 北海道  206人 石川県  25 人            福井県  25 人 (5) 焼損棟数 多い順 少ない順 東京都  2,505棟 富山県  120 棟 大阪府  1,737棟 鳥取県  131 棟 愛知県  1,322棟 福井県  132 棟 埼玉県  1,129棟 沖縄県  134 棟 神奈川県 1,073棟 徳島県  140 棟 (6) り災世帯数 多い順 少ない順 東京都  2,013世帯 鳥取県  70 世帯 大阪府  1,702世帯 福井県  81 世帯 神奈川県 1,046世帯 沖縄県  83 世帯 愛知県  855世帯 富山県  84 世帯 埼玉県  771世帯 島根県  87 世帯 (7) 建物焼損床面積 多い順 少ない順 北海道  51,973u 沖縄県  4,094u 埼玉県  42,222u 福井県  5,412u 愛知県  41,577u 鳥取県  6,017u 大阪府  38,403u 徳島県  6,454u 茨城県  34,117u 石川県  6,898u (8) 建物焼損表面積 多い順 少ない順 東京都  9,180u 島根県  284u 大阪府  8,821u 香川県  316u 兵庫県  6,394u 佐賀県  355u 静岡県  5,873u 奈良県  386u 愛知県  5,830u 高知県  386u (9) 林野焼損面積 多い順 少ない順 広島県  14,771a 東京都  0a 長野県  13,934a 沖縄県  88a 岡山県  9,131a 滋賀県  110a 熊本県  5,527a 神奈川県 112a 福島県  4,906a 富山県  112a 長崎県  3,141a 京都府  208a (10) 損害額 多い順 少ない順 東京都  584,167万円 沖縄県  23,018万円 埼玉県  567,811万円 島根県  40,076万円 宮城県  522,883万円 徳島県  42,468万円 北海道  393,331万円 福井県  44,242万円 大阪府  361,377万円 鳥取県  44,555万円 3 建物用途別にみた火災発生状況 建物火災17,719件を建物用途別にみますと、以下のとおりです。  なお、比率については、端数処理の関係上、合計値が100%とならない場合があります。
(以下同じです。) 住 宅       7,055件(39.8%) 共同住宅      2,508件(14.2%) 工 場       1,160件( 6.5%) 複合用途(特定)  1,056件( 6.0%) 併用住宅      841件( 4.7%) 倉 庫       662件( 3.7%) 複合用途(非特定) 528件( 3.0%) 事務所       426件( 2.4%) 飲食店       343件( 1.9%) 物品販売店舗    270件( 1.5%) その他の用途の建物火災 2,870件(16.2%)  その他の用途には、学校、旅館、神社・寺院、病院、駐車場、遊技場、社会福祉施設、
公会堂、料理店、停車場、幼稚園、公衆浴場、キャバレー、文化財、図書館、劇場、地下街、
特殊浴場及びスタジオ等があります。
4 出火原因別にみた火災発生状況 (1) 全火災 全火災32,163件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。 放 火       3,763件(11.7%) たばこ       3,704件(11.5%) 放火の疑い     2,830件( 8.8%) こんろ       2,818件( 8.8%) たき火       2,339件( 7.3%) 火あそび      1,338件( 4.2%) ストーブ      1,307件( 4.1%) 火入れ       769件( 2.4%) 電灯・電話等の配線 667件( 2.1%) マッチ・ライター  583件( 1.8%) 焼却炉       506件( 1.6%) 配線器具      472件( 1.5%) 電気機器      424件( 1.3%) 排気管       414件( 1.3%) 風呂かまど     382件( 1.2%) その他       5,796件(18.0%) 不明・調査中    4,051件(12.6%) (2) 建物火災(爆発を除く) 爆発を除く建物火災17,659件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。 こんろ       2,764件(15.7%) たばこ       2,020件(11.4%) 放 火       1,830件(10.4%) ストーブ      1,282件( 7.3%) 放火の疑い     1,155件( 6.5%) 火あそび      573件( 3.2%) 電灯・電話等の配線 510件( 2.9%) たき火       397件( 2.2%) 配線器具      376件( 2.1%) 風呂かまど     373件( 2.1%) 電気機器      304件( 1.7%) マッチ・ライター  283件( 1.6%) 灯 火       282件( 1.6%) 溶接機・切断機   227件( 1.3%) 煙突・煙道     217件( 1.2%) その他       2,796件(15.8%) 不明・調査中    2,270件(12.9%) (3) 林野火災(爆発を除く) 爆発を除く林野火災2,099件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。 たき火       574件(27.3%) たばこ       344件(16.4%) 火入れ       207件( 9.9%) 放火の疑い     177件( 8.4%) 火あそび      128件( 6.1%) 放 火       73件( 3.5%) 焼却炉       29件( 1.4%) マッチ・ライター  26件( 1.2%) 取 灰       6件( 0.3%) 煙突・煙道     4件( 0.2%) 溶接機・切断機   4件( 0.2%) 電灯・電話等の配線 2件( 0.1%) こんろ       2件( 0.1%) 排気管       2件( 0.1%) 内燃機関      1件( 0.0%) その他       170件( 8.1%) 不明・調査中    350件(16.7%) (4) 車両火災(爆発を除く) 爆発を除く車両火災3,910件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。 放 火       561件(14.3%) 放火の疑い     465件(11.9%) 排気管       375件( 9.6%) 内燃機関      183件( 4.7%) たばこ       174件( 4.5%) 衝突の火花     164件( 4.2%) マッチ・ライター  115件( 2.9%) 電気装置      109件( 2.8%) 電気機器      88件( 2.3%) 配線器具      53件( 1.4%) たき火       47件( 1.2%) 電灯・電話等の配線 40件( 1.0%) 火あそび      26件( 0.7%) 焼却炉       23件( 0.6%) 溶接機・切断機   20件( 0.5%) その他       842件(21.5%) 不明・調査中    625件(16.0%) (5) 船舶火災(爆発を除く) 爆発を除く船舶火災 64 件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。 排気管       6件( 9.4%) 溶接機・切断機   5件( 7.8%) 放火の疑い     5件( 7.8%) 配線器具      4件( 6.3%) 電灯・電話等の配線 3件( 4.7%) 電気機器      3件( 4.7%) 内燃機関      2件( 3.1%) 焼却炉       2件( 3.1%) マッチ・ライター  2件( 3.1%) 電気装置      2件( 3.1%) こんろ       2件( 3.1%) 火あそび      1件( 1.6%) たき火       1件( 1.6%) その他       13件(20.3%) 不明・調査中    13件(20.3%) (6) 航空機火災(爆発を除く) 爆発を除く航空機火災 1 件の出火原因については、現在調査中です。 (7) その他火災(爆発を除く) 爆発を除くその他火災8,346件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。 たき火       1,316件(15.8%) 放 火       1,297件(15.5%) たばこ       1,165件(14.0%) 放火の疑い     1,028件(12.3%) 火あそび      610件( 7.3%) 火入れ       479件( 5.7%) 焼却炉       261件( 3.1%) マッチ・ライター  150件( 1.8%) 電灯・電話等の配線 112件( 1.3%) 溶接機・切断機   107件( 1.3%) 取 灰       41件( 0.5%) 配線器具      38件( 0.5%) 電気装置      30件( 0.4%) 電気機器      27件( 0.3%) こんろ       27件( 0.3%) その他       876件(10.5%) 不明・調査中    782件( 9.4%) (8) 爆発のみの火災 爆発のみの火災 84 件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。 こんろ       9件(10.7%) 溶接機・切断機   8件( 9.5%) マッチ・ライター  7件( 8.3%) 炉         4件( 4.8%) たき火       4件( 4.8%) ストーブ      4件( 4.8%) 焼却炉       3件( 3.6%) 電気機器      2件( 2.4%) 放 火       2件( 2.4%) たばこ       1件( 1.2%) 風呂かまど     1件( 1.2%) その他       29件(34.5%) 不明・調査中    10件(11.9%) 5 死傷者の発生状況 (1) 火災種別死者発生状況 全死者1,209人について火災種別ごとにみますと、以下のとおりです。 建物火災 835人(69.1%) 林野火災 9人( 0.7%) 車両火災 133人(11.0%) 船舶火災 1人( 0.1%) 航空機火災 0人( ― ) その他火災 231人(19.1%) (2) 建物用途別死者発生状況   建物火災における死者835人を建物用途別にみますと、以下のとおりです。 住 宅       565人(67.7%) 共同住宅      131人(15.7%) 併用住宅      41人( 4.9%) 複合用途(非特定) 24人( 2.9%) 複合用途(特定)  22人( 2.6%) 工 場       8人( 1.0%) 事務所       4人( 0.5%) 旅 館       4人( 0.5%) 倉 庫       4人( 0.5%) 神社・寺院     1人( 0.1%)   病院            1人( 0.1%) その他の用途の建物火災 30人( 3.6%)  その他の用途には、幼稚園、航空機格納庫、停車場、図書館、特殊浴場、スタジオ、
地下街、準地下街及び文化財は含みません。 (3) 火災種別負傷者発生状況 全負傷者4,002人について火災種別ごとにみますと、以下のとおりです。 建物火災 3,457人(86.4%) 林野火災 85人( 2.1%) 車両火災 139人( 3.5%) 船舶火災 6人( 0.1%) 航空機火災 0人( ― ) その他火災 315人( 7.9%) (4) 建物用途別負傷者発生状況 建物火災における負傷者3,457人を建物用途別にみますと、以下のとおりです。 住 宅       1,637人(47.4%) 共同住宅      643人(18.6%) 併用住宅      211人( 6.1%) 工 場       197人( 5.7%) 複合用途(特定)  192人( 5.6%) 複合用途(非特定) 126人( 3.6%) 倉 庫       61人( 1.8%) 飲食店       50人( 1.4%) 旅 館       50人( 1.4%) 事務所       42人( 1.2%) その他の用途の建物火災 248人( 7.2%)  その他の用途には、学校、物品販売店舗、病院、料理店、神社・寺院、社会福祉施設、
遊技場、キャバレー、公衆浴場、駐車場、公会堂、及び劇場等があります。 (5) 死者の発生した経過別死者発生状況 全死者1,209人について,死者の発生した経過別にみますと、以下のとおりです。 逃げおくれ  505人(41.8%) 放火自殺 411人(34.0%) 着衣着火   78人( 6.5%) 出火後再進入 18人( 1.5%) その他    197人(16.3%) (6) 年齢層別死者発生状況 爆発を除く死者1,202人について,年齢層別にみますと、以下のとおりです。 6〜64歳以下 668人(55.6%) 65歳以上 517人(43.0%) 5歳以下 14人( 1.2%) 年齢不明 3人( 0.2%) (7) 複合条件による死者発生数
 ア 年齢層並びに火災種別ごとの死者数 (ア) 5歳以下(爆発を除く) 建物火災 12人(85.7%) 林野火災 0人( ― ) 車両火災 1人( 7.1%) 船舶火災 0人( ― ) 航空機火災 0人( ― ) その他火災 1人( 7.1%) (イ) 6〜64歳以下(爆発を除く) 建物火災 379人(56.7%) 林野火災 0人( ― ) 車両火災 125人(18.7%) 船舶火災 0人( ― ) 航空機火災 0人( ― ) その他火災 164人(24.6%) (ウ) 65歳以上(爆発を除く) 建物火災 437人(84.5%) 林野火災 9人( 1.7%) 車両火災 7人( 1.4%) 船舶火災 0人( ― ) 航空機火災 0人( ― ) その他火災 64人(12.4%) イ 年齢層及び建物用途別死者数 (ア) 5歳以下(爆発を除く) 共同住宅      6人(50.0%) 住 宅       5人(41.7%) 複合用途(特定)  1人( 8.3%) (イ) 6〜64歳以下(爆発を除く) 住 宅       230人(60.7%) 共同住宅      75人(19.8%) 併用住宅      19人( 5.0%) 複合用途(非特定) 18人( 4.7%) 複合用途(特定)  9人( 2.4%) 旅 館       4人( 1.1%) 倉 庫       2人( 0.5%) 事務所       2人( 0.5%) 工 場       2人( 0.5%) 病 院       1人( 0.3%) その他       17人( 4.5%) (ウ) 65歳以上(爆発を除く) 住 宅       329人(75.3%) 共同住宅      48人(11.0%) 併用住宅      22人( 5.0%) 複合用途(特定)  11人( 2.5%) 複合用途(非特定) 6人( 1.4%) 工 場       4人( 0.9%) 倉 庫       2人( 0.5%) 神社・寺院     1人( 0.2%) 神社・寺院     1人( 0.2%) 事務所       1人( 0.2%) その他       13人( 3.0%) ウ 年齢層及び死者の発生した経過別死者数 (ア) 5歳以下(爆発を除く) 逃げおくれ  10人(71.4%) 着衣着火   1人( 7.1%) 放火自殺 1人( 7.1%) 出火後再進入 0人( 0.0%) その他    2人(14.3%) (イ) 6〜64歳以下(爆発を除く) 放火自殺 337人(50.4%) 逃げおくれ  199人(29.8%) 着衣着火   21人( 3.1%) 出火後再進入 6人( 0.9%) その他    105人(15.7%) (ウ) 65歳以上(爆発を除く) 逃げおくれ  290人(56.1%) 放火自殺 73人(14.1%) 着衣着火   56人(10.8%) 出火後再進入 12人( 2.3%) その他    86人(16.6%)
戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー