English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ

目   次

1 全国の概況 
(1) 出火件数 
(2) 死傷者数 
(3) 火災による損害 
2 都道府県別の概況 
(1) 総出火件数 
(2) 建物火災件数 
(3) 死者数 
(4) 負傷者数 
(5) 焼損棟数 
(6) り災世帯数 
(7) 建物焼損床面積 
(8) 建物焼損表面積 
(9) 林野焼損面積 
(10) 損害額 
3 建物用途ごとの火災発生状況 
4 出火原因ごとの火災発生状況 
(1) 全火災 
(2) 建物火災(爆発を除く) 
(3) 林野火災(爆発を除く) 
(4) 車両火災(爆発を除く) 
(5) 船舶火災(爆発を除く) 
(6) 航空機火災(爆発を除く) 
(7) その他火災(爆発を除く) 
(8) 爆発のみの火災 
5 死傷者の発生状況 
(1) 火災種別ごとの生状況 
(2) 建物用途ごとの死者発生状況 
(3) 火災種別ごとの負傷者発生状況 
(4) 建物用途ごとの負傷者発生状況 
(5) 死者の発生した経過ごとの死者発生状況 
(6) 年齢層ごとの別死者発生状況 
(7) 条件の組み合わせによる死者発生状況 
ア 年齢層及び火災種別 
イ 年齢層及び建物用途 
ウ 年齢層及び死者の発生した経過 

6 火災件数の推移


別 表
第1表  火災の概要 
第2表  都道府県ごとの出火率 
第3表  都道府県ごとの火災の概要 
第4表  都道府県ごと及び建物用途ごとの建物火災件数(page1,page2)
第5表  都道府県ごと及び出火原因ごとの火災件数(page1,page2) 
第5-2表 都道府県ごと及び出火原因ごとの火災件数(爆発のみ)(page1,page2)
第6表  火災種別ごと及び出火原因ごとの別火災件数(爆発を除く)
第7表  都道府県ごと及び火災種別ごとの死者数 
第7-2表 都道府県ごと及び火災種別ごとの死者数(爆発のみ)
第8表  都道府県ごと及び建物用途ごとの建物火災における死者数(page1,page2)
第9表  都道府県ごと及び死者の発生した経過ごとの死者数 
第9-2表 都道府県ごと及び死者の発生した経過ごとの死者数(爆発のみ)
第10表 年齢層ごと及び火災種別ごとの死者数(爆発を除く)
第11表 年齢層ごと及び死者の発生した経過ごとの死者数(爆発を除く)
第12表 年齢層ごと及び建物用途ごとの建物火災における死者数(爆発を除く)
第13表 都道府県ごと及び火災種別ごとの負傷者数 
第14表 都道府県ごと及び建物用途ごとの建物火災における負傷者数(page1,page2) 
第15表 四半期ごとの火災発生状況 
第16表 13大都市別の火災の損害状況 

1 全国の概況
(1) 出火件数
 平成11年中における総出火件数は58,534件で、これは、1日当たり約160件、約9分に1件の火災が発生したことになります。
 これを火災種別ごとにみますと、以下のとおりです。

建物火災 33,323件(56.9%)
林野火災 2,663件( 4.5%)
車両火災 7,857件(13.4%)
船舶火災 144件( 0.2%)
航空機火災 3件( 0.0%)
その他火災 14,544件(24.8%)

 また、それぞれを前年と比べますと、以下のとおりとなります。

総出火件数 4,020件( 7.4%) 増加 
建物火災 804件( 2.5%) 増加 
林野火災 750件(39.2%) 増加 
車両火災 398件( 5.3%) 増加 
船舶火災 11件( 8.3%) 増加 
航空機火災 0件( − )
その他火災 2,057件(16.5%) 増加 

(2) 死傷者数
 平成11年中における死者数は2,123人、負傷者は7,452人で、これは、1日あたり死者が5.8人、負傷者が20.4人それぞれ発生したことになります。また、死者は、火災27.6件に1人、負傷者は7.9件に1人発生したことになります。
 死者数、負傷者数についてそれぞれ前年と比べますと、以下のとおりです。

死者  61人(3.0%) 増加 
負傷者 143人(2.0%) 増加 

(3) 火災による損害
 火災による損害については、以下のとおりです。
焼損棟数 44,826棟 ( 123棟/1日 1.3棟/件)
り災世帯数 31,271世帯( 86世帯/1日 0.9世帯/件)
建物焼損床面積 1,603,612u ( 4,393u/1日 48.1u/件)
建物焼損表面積 174,479u ( 478u/1日 5.2u/件)
林野焼損面積 101,960a ( 279a/1日 38.3a/件)
損害額 14,959,469万円(40,985万円/1日 256万円/件)

これらを前年と比べますと、それぞれ以下のとおりとなります。

焼損棟数 1,044件 ( 2.4%) 増加 
り災世帯数 1,713世帯( 5.8%) 増加 
建物焼損床面積 50,459u ( 3.2%) 増加 
建物焼損表面積 14,866u ( 9.3%) 増加 
林野焼損面積 21,140a (26.2%) 増加 
損害額 354,529万円( 2.4%) 増加 

2 都道府県別の概況
 都道府県別の火災件数、死傷者、損害状況について、多い順及び少ない順にみますと以下のとおりです。
(1) 総出火件数
多い順 少ない順
東京都  6,851件 富山県  249 件
大阪府  4,122件 福井県  271 件
愛知県  3,787件 鳥取県  279 件
千葉県  2,974件 徳島県  324 件
神奈川県 2,812件 石川県  379 件

(2) 建物火災件数
多い順 少ない順
東京都  3,903件 富山県  172 件
大阪府  2,667件 鳥取県  177 件
愛知県  1,839件 福井県  180 件
北海道  1,613件 徳島県  205 件
埼玉県  1,589件 山梨県  218 件
神奈川県 1,558件 島根県  218 件

(3) 死者数
多い順 少ない順
東京都  136人 鳥取県  12 人
大阪府  120人 島根県  13 人
神奈川県 111人 奈良県  16 人
千葉県  102人 石川県  17 人
埼玉県  101人 福井県  17 人
愛知県  100人 山梨県  17 人
北海道  93人 高知県  17 人

(4) 負傷者数
多い順 少ない順
東京都  1,092人 沖縄県  14 人
大阪府    649人 鳥取県  32 人
神奈川県  483人 徳島県  33 人
愛知県    416人 高知県  37 人
埼玉県   396人 大分県  42 人

(5) 焼損棟数
多い順 少ない順
東京都  5,019棟 富山県  223 棟
大阪府  3,525棟 鳥取県  246 棟
愛知県  2,388棟 徳島県  255 棟
埼玉県  2,202棟 沖縄県  257 棟
千葉県  2,048棟 福井県  281 棟

(6) り災世帯数
多い順 少ない順
東京都  4,040世帯 鳥取県  144 世帯
大阪府  3,261世帯 富山県  152 世帯
神奈川県 1,848世帯 福井県  154 世帯
愛知県  1,561世帯 島根県  168 世帯
千葉県  1,534世帯 徳島県  169 世帯

(7) 建物焼損床面積
多い順 少ない順
北海道  94,551u 沖縄県  7,714u
大阪府  80,740u 鳥取県  10,963u
愛知県  70,950u 徳島県  11,063u
埼玉県  70,097u 富山県  11,748u
千葉県  66,955u 山梨県  12,477u

(8) 建物焼損表面積
多い順 少ない順
大阪府  19,881u 島根県  409u
東京都  17,438u 高知県  566u
愛知県  10,877u 大分県  671u
兵庫県  10,761u 奈良県  818u
静岡県  8,970u 徳島県  850u

(9) 林野焼損面積
多い順 少ない順
広島県  16,948a 東京都  12a
岡山県  9,413a 福井県  86a
熊本県  5,628a 沖縄県  110a
福島県  5,456a 滋賀県  130a
福岡県  4,641a 神奈川県 147a

(10) 損害額
多い順 少ない順
東京都  1,319,633万円 沖縄県  60,335万円
神奈川県 974,630万円 鳥取県  67,638万円
埼玉県  946,924万円 徳島県  69,291万円
大阪府  914,334万円 島根県  71,620万円
愛知県  720,468万円 富山県  74,798万円

3 建物用途ごとの火災発生状況
 建物火災33,323件を建物用途別にみますと、以下のとおりです。
 なお、比率につきましては、端数処理の関係上、合計値が100%とならない場合があります。(以下同じです。)

住 宅       12,885件(38.7%)
共同住宅      4,894件(14.7%)
工 場       2,290件( 6.9%)
複合用途(特定)  2,157件( 6.5%)
併用住宅      1,537件( 4.6%)
倉 庫       1,226件( 3.7%)
複合用途(非特定) 1,041件( 3.1%)
事務所       792件( 2.4%)
飲食店       671件( 2.0%)
物品販売店舗    530件( 1.6%)
その他の用途の建物火災 5,300件(15.9%)

4 出火原因ごとの火災発生状況
(1) 全火災
 全火災58,534件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。
放 火       7,482件(12.8%)
たばこ       6,415件(11.0%)
こんろ       5,503件( 9.4%)
放火の疑い     5,357件( 9.2%)
たき火       3,541件( 6.0%)
火あそび      2,194件( 3.7%)
ストーブ      1,940件( 3.3%)
電灯・電話等の配線 1,397件( 2.4%)
火入れ       1,066件( 1.8%)
マッチ・ライター  1,054件( 1.8%)
配線器具      957件( 1.6%)
排気管       864件( 1.5%)
電気機器      859件( 1.5%)
焼却炉       824件( 1.4%)
溶接機・切断機   681件( 1.2%)
その他       11,275件(19.3%)
不明・調査中    7,125件(12.2%)

(2) 建物火災(爆発を除く)
 爆発を除く建物火災33,209件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。
こんろ       5,392件(16.2%)
たばこ       3,748件(11.3%)
放 火       3,650件(11.0%)
放火の疑い     2,282件( 6.9%)
ストーブ      1,905件( 5.7%)
電灯・電話等の配線 1,061件( 3.2%)
火あそび      1,031件( 3.1%)
配線器具      758件( 2.3%)
たき火       638件( 1.9%)
電気機器      629件( 1.9%)
風呂かまど     611件( 1.8%)
灯 火       564件( 1.7%)
マッチ・ライター  552件( 1.7%)
溶接機・切断機   417件( 1.3%)
煙突・煙道     352件( 1.1%)
その他       5,508件(16.6%)
不明・調査中    4,111件(12.4%)

(3) 林野火災(爆発を除く)
 爆発を除く林野火災2,663件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。
たき火       755件(28.4%)
たばこ       420件(15.8%)
火入れ       267件(10.0%)
放火の疑い     216件( 8.1%)
火あそび      159件( 6.0%)
放 火       82件( 3.1%)
焼却炉       36件( 1.4%)
マッチ・ライター  29件( 1.1%)
取 灰       10件( 0.4%)
溶接機・切断機   5件( 0.2%)
煙突・煙道     4件( 0.2%)
電灯・電話等の配線 3件( 0.1%)
こんろ       3件( 0.1%)
かまど       3件( 0.1%)
排気管       2件( 0.1%)
その他       227件( 8.5%)
不明・調査中    442件(16.6%)

(4) 車両火災(爆発を除く)
 爆発を除く車両火災7,843件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。
放 火       1,154件(14.7%)
放火の疑い     831件(10.6%)
排気管       790件(10.1%)
内燃機関      356件( 4.5%)
衝突の火花     355件( 4.5%)
たばこ       300件( 3.8%)
電気装置      232件( 3.0%)
マッチ・ライター  221件( 2.8%)
電気機器      164件( 2.1%)
配線器具      102件( 1.3%)
たき火       95件( 1.2%)
電灯・電話等の配線 90件( 1.1%)
火あそび      42件( 0.5%)
焼却炉       42件( 0.5%)
溶接機・切断機   34件( 0.4%)
その他       1,823件(23.2%)
不明・調査中    1,212件(15.5%)

(5) 船舶火災(爆発を除く)
 爆発を除く船舶火災 143 件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。
電灯・電話等の配線 12件( 8.4%)
放火の疑い     11件( 7.7%)
溶接機・切断機   8件( 5.6%)
排気管       8件( 5.6%)
電気装置      6件( 4.2%)
電気機器      6件( 4.2%)
配線器具      5件( 3.5%)
たき火       5件( 3.5%)
内燃機関      4件( 2.8%)
マッチ・ライター  3件( 2.1%)
こんろ       3件( 2.1%)
焼却炉       2件( 1.4%)
放 火       2件( 1.4%)
火あそび      2件( 1.4%)
その他       37件(25.9%)
不明・調査中    29件(20.3%)

(6) 航空機火災(爆発を除く)
 爆発を除く航空機火災 3 件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。
その他       1件(33.3%)
不明・調査中    2件(66.7%)

(7) その他火災(爆発を除く)
 爆発を除くその他火災14,502件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。
放 火       2,592件(17.9%)
たき火       2,041件(14.1%)
放火の疑い     2,017件(13.9%)
たばこ       1,945件(13.4%)
火あそび      960件( 6.6%)
火入れ       661件( 4.6%)
焼却炉       406件( 2.8%)
マッチ・ライター  232件( 1.6%)
電灯・電話等の配線 230件( 1.6%)
溶接機・切断機   205件( 1.4%)
配線器具      91件( 0.6%)
電気装置      76件( 0.5%)
取 灰       70件( 0.5%)
電気機器      54件( 0.4%)
こんろ       51件( 0.4%)
その他       1,562件(10.8%)
不明・調査中    1,309件( 9.0%)

(8) 爆発のみの火災
 爆発のみの火災 171 件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。
こんろ       25件(14.6%)
マッチ・ライター  17件( 9.9%)
溶接機・切断機   12件( 7.0%)
ストーブ      8件( 4.7%)
たき火       7件( 4.1%)
電気機器      6件( 3.5%)
炉         5件( 2.9%)
焼却炉       4件( 2.3%)
風呂かまど     4件( 2.3%)
放 火       2件( 1.2%)
ボイラー      1件( 0.6%)
たばこ       1件( 0.6%)
電気装置      1件( 0.6%)
衝突の火花     1件( 0.6%)
電灯・電話等の配線 1件( 0.6%)
火入れ       1件( 0.6%)
その他       55件(32.2%)
不明・調査中    20件(11.7%)

5 死傷者の発生状況
(1) 火災種別ごとの死者発生状況
全死者2,123人について火災種別ごとにみますと、以下のとおりです。
建物火災 1,449人(68.3%)
林野火災 10人( 0.5%)
車両火災 254人(12.0%)
船舶火災 3人( 0.1%)
航空機火災 0人( − )
その他火災 407人(19.2%)

(2) 建物用途ごとの死者発生状況
  建物火災における死者1,449人を建物用途別にみますと、以下のとおりです。
住 宅       974人(67.2%)
共同住宅      236人(16.3%)
併用住宅      65人( 4.5%)
複合用途(非特定) 39人( 2.7%)
複合用途(特定)  35人( 2.4%)
工 場       15人( 1.0%)
倉 庫       9人( 0.6%)
旅 館       6人( 0.4%)
事務所       5人( 0.3%)
神社・寺院     4人( 0.3%)
その他の用途の建物火災 61人( 4.2%)

(3) 火災種別ごとの負傷者発生状況
全負傷者7,452人について火災種別ごとにみますと、以下のとおりです。
建物火災 6,448人(86.5%)
林野火災 105人( 1.4%)
車両火災 281人( 3.8%)
船舶火災 21人( 0.3%)
航空機火災 1人( 0.0%)
その他火災 596人( 8.0%)

(4) 建物用途ごとの負傷者発生状況
建物火災における負傷者6,448人を建物用途別にみますと、以下のとおりです。
住 宅       3,010人(46.7%)
共同住宅      1,257人(19.5%)
複合用途(特定)  439人( 6.8%)
工 場       361人( 5.6%)
併用住宅      350人( 5.4%)
複合用途(非特定) 210人( 3.3%)
倉 庫       110人( 1.7%)
飲食店       86人( 1.3%)
旅 館       61人( 0.9%)
事務所       54人( 0.8%)
その他の用途の建物火災 510人( 7.9%)

(5) 死者の発生した経過ごとの死者発生状況
全死者2,123人について,死者の発生した経過別にみますと、以下のとおりです。
逃げおくれ  850人(40.0%)
放火自殺 776人(36.6%)
着衣着火   126人( 5.9%)
出火後再進入 33人( 1.6%)
その他    338人(15.9%)

(6) 年齢層ごとの死者発生状況
爆発を除く死者2,116人について,年齢層別にみますと、以下のとおりです。
6〜64歳以下 1,241人(58.6%)
65歳以上 825人(39.0%)
5歳以下 44人( 2.1%)
年齢不明 6人( 0.3%)

(7) 条件の組み合わせによる死者発生状況
ア 年齢層及び火災種別
(ア) 5歳以下(爆発を除く)
建物火災 39人(88.6%)
林野火災 0人( − )
車両火災 4人( 9.1%)
船舶火災 0人( − )
航空機火災 0人( − )
その他火災 1人( 2.3%)

(イ) 6〜64歳以下(爆発を除く)
建物火災 717人(57.8%)
林野火災 0人( − )
車両火災 230人(18.5%)
船舶火災 2人( 0.2%)
航空機火災 0人( − )
その他火災 292人(23.5%)

(ウ) 65歳以上(爆発を除く)
建物火災 686人(83.2%)
林野火災 10人( 1.2%)
車両火災 19人( 2.3%)
船舶火災 0人( − )
航空機火災 0人( − )
その他火災 110人(13.3%)

イ 年齢層及び建物用途
(ア) 5歳以下(爆発を除く)
住 宅       24人(61.5%)
共同住宅      11人(28.2%)
複合用途(特定)  3人( 7.7%)
併用住宅      1人( 2.6%)

(イ) 6〜64歳以下(爆発を除く)
住 宅       439人(61.2%)
共同住宅      139人(19.4%)
併用住宅      33人( 4.6%)
複合用途(非特定) 29人( 4.0%)
複合用途(特定)  18人( 2.5%)
工 場       8人( 1.1%)
倉 庫       7人( 1.0%)
旅 館       5人( 0.7%)
その他       39人( 5.4%)

(ウ) 65歳以上(爆発を除く)
住 宅       510人(74.3%)
共同住宅      84人(12.2%)
併用住宅      30人( 4.4%)
複合用途(特定)  14人( 2.0%)
複合用途(非特定) 10人( 1.5%)
工 場       5人( 0.7%)
神社・寺院     3人( 0.4%)
倉 庫       2人( 0.3%)
その他       28人( 4.1%)

ウ 年齢層及び死者の発生した経過
(ア) 5歳以下(爆発を除く)
逃げおくれ  27人(61.4%)
放火自殺 3人( 6.8%)
着衣着火   2人( 4.5%)
出火後再進入 0人( − )
その他    12人(27.3%)

(イ) 6〜64歳以下(爆発を除く)
放火自殺 635人(51.2%)
逃げおくれ  357人(28.8%)
着衣着火   34人( 2.7%)
出火後再進入 14人( 1.1%)
その他    201人(16.2%)

(ウ) 65歳以上(爆発を除く)
逃げおくれ  460人(55.8%)
放火自殺 136人(16.5%)
着衣着火   90人(10.9%)
出火後再進入 19人( 2.3%)
その他    120人(14.5%)

戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー