English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ

平成13年10月19日
      平成12年中における火災の概要について
 
総務省消防庁防災情報室





 
1 全国の概要
(1) 出火件数
  平成12年中における総出火件数は62,454件で、これは、1日当たり約171件、
約8分に1件の火災が発生し たことになります。

  これを火災種別ごとにみますと、以下のとおりです。
 
建物火災 34,028件 (54.5%)
林野火災 2,805件 ( 4.5%)
車両火災 8,303件 (13.3%)
船舶火災  128件 ( 0.2%)
航空機火災     4件 ( 0.0%)
その他火災 17,186件 (27.5%)

 
 また、それぞれを前年と比べますと、以下のとおりとなります。
     
総出火件数 3,928件(6.7%)  増加
建物火災  698件 2.1%)  増加
林野火災   144件 5.4%)  増加
車両火災   443件 5.6%)  増加
船舶火災   -15件(△10.5%)  減少
航空機火災    1件 33.3%)  増加
その他火災 2,657件( 18.3%)  増加

 
(2) 死傷者数
  平成12年中における死者数は2,034人、負傷者は8,281人で、これは1日あたり死者が5.6人,
負傷者が22. 7人それぞれ発生したことになります。

  また、死者は,火災30.7件に1人、負傷者は7.5件に1人発生したことに なります。
  死者数、負傷者数についてそれぞれ前年と比べますと、以下のとおりです。
 
    死  者            -88人  (△4.1%)     減少
    負傷者            705人  (  9.3%)      増加
 
(3) 火災による損害
 続いて火災による損害については、以下のとおりです。
 
焼損棟数   46,516棟 127棟/1日 1.3棟/件)
り災世帯数   30,999世帯 85世帯/1日 0.9世帯/件)
建物焼損床面積 1,594,049u 4,367u/1日 46.8u/件)
建物焼損表面積  172,355u 472u/1日 5.1u/件)
林野焼損面積  145,451a 398a/1日 51.9a/件)
損害額 1,504億2,594円(4億1,213万円/1日 241万円/件)

 
 これらを前年と比べますと、それぞれ以下のとおりとなります。
 
焼損棟数    1,111棟   2.4%)  増加
り災世帯数     -173世帯 (△ 0.6%)  減少
建物焼損床面積   -18,298u (△ 1.1%)  減少
建物焼損表面積     -206u (△ 0.1%)  減少
林野焼損面積    44,576a ( 44.2%)  増加
損害額 -7億3,295万円 (△ 0.5%)  減少

 

2 建物用途別にみた火災発生状況   建物火災34,028件を建物用途別にみますと、以下のとおりです。   なお、比率については、端数処理の関係上、合計値が100%とならない場合があります。
(以下同じです。)
   住 宅           13,027件(38.3%)    共同住宅           4,874件(14.3%)    複合用途(特定)       2,502件( 7.4%)    工 場            2,316件( 6.8%)    複合用途(非特定)      1,266件( 3.7%)    併用住宅           1,253件( 3.7%)    事務所             833件( 2.4%)    倉 庫             791件( 2.3%)    飲食店             655件( 1.9%)    物品販売店舗          494件( 1.5%)    その他の用途の建物火災 6,017件(17.7%)    その他の用途には、学校、旅館、神社・寺院、駐車場、病院、遊技場、
公会堂、社会福祉施設、停車場、料理店、キャバレー、
劇場、公衆浴場、幼稚園、図書館、航空機格納庫、文化財、特殊浴場,
スタジオ及び地下街があります。
3 出火原因別にみた火災発生状況 (1) 全火災     全火災62,454件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。      放 火             7,817件(12.5%)      たばこ             6,871件(11.0%)      放火の疑い           6,035件( 9.7%)      こんろ             5,636件( 9.0%)      たき火             3,969件( 6.4%)      火あそび            2,338件( 3.7%)      ストーブ            1,865件( 3.0%)      電灯・電話等の配線       1,604件( 2.6%)      火入れ             1,378件( 2.2%)      交通機関内配線         1,132件( 1.8%)      マッチ・ライター        1,071件( 1.7%)      電気機器            1,001件( 1.6%)      その他            14,774件(23.7%)      不明・調査中          6,963件(11.1%)   (2) 建物火災     建物火災34,028件を出火原因別にみますと、以下のとおりです。      こんろ           5,550件(16.3%)      放 火            3,830件(11.3%)      たばこ            3,824件(11.2%)      放火の疑い          2,471件( 7.3%)      ストーブ          1,830件( 5.4%)      電灯・電話等の配線      1,296件( 3.8%)      火あそび           983件( 2.9%)      配線器具           804件( 2.4%)      電気機器           714件( 2.1%)      灯火             664件( 2.0%)      たき火            636件( 1.9%)      その他            7,491件(22.0%)      不明・調査中         3,935件(11.6%)   4 死傷者の発生状況 (1) 火災種別死者発生状況     全死者2,034人について火災種別ごとにみますと、以下のとおりです。      建物火災       1,373人(67.5%)      林野火災         16人( 0.8%)      車両火災       267人(13.1%)      船舶火災         0人( ―)      航空機火災       2人( 0.1%)      その他火災      376人(18.5%)   (2) 火災種別負傷者発生状況     全負傷者8,281人について火災種別ごとにみますと、以下のとおりです。      建物火災       6,976人(84.2%)      林野火災       166人( 2.0%)      車両火災       365人( 4.4%)      船舶火災        21人( 0.3%)      航空機火災       3人( 0.0%)      その他火災      750人( 9.1%)   (3) 死者の発生した経過別死者発生状況     全死者2,034人について,死者の発生した経過別にみますと、以下のとおりです。      逃げおくれ       860人(42.3%)      放火自殺等        759人(37.3%)      着衣着火       116人( 5.7%)      出火後再進入     30人( 1.5%)      その他         269人(13.2%)   (4) 年齢層別死者発生状況     全死者2,034人について,年齢層別にみますと、以下のとおりです。      6〜64歳以下    1,200人(59.0%)      65歳以上       770人(37.9%)      5歳以下         47人( 2.3%)      年齢不明         17人( 0.8%)




戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー