English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ

平成15年11月14日
総務省消防庁   


平成14年(1月〜12月)における火災の状況




目次


 
1 全国の状況

(1)  出火件数
(2)  死傷者数
(3)  火災による損害
 
2 建物用途ごとの火災発生状況
 
3 出火原因ごとの火災発生状況

(1)  全火災
(2)  建物火災
(3)  林野火災
(4)  車両火災
(5)  船舶火災
(6)  航空機火災
(7)  その他火災

4 死傷者の発生状況
(1) 火災種別ごとの死者発生状況
(2) 火災種別ごとの負傷者発生状況
(3) 死者の発生した経過ごとの死者発生状況
(4) 年齢ごとの死者発生状況

 
 
 
別表
   平成14年火災損害総括表





平成14年中(1月〜12月)における火災の状況

総務省消防庁防災情報室


1  全国の状況
(1)  出火件数
   平成14年中における出火件数は63,651件で、前年と比べると60件(+0.1%)の増加となっています。これは、1日あたり約174件、約8分に1件の火災が発生したことになります。
 火災種別ごとにみますと、次表のとおりです。

 
種別 件数(件) 構成比 前年比較(件) 増減数(%)
建物火災 34,171 53.7% +41 +0.1
林野火災 3,343 5.3% +336 +11.2
車両火災 7,785 12.2% -669 -7.9
船舶火災 113 0.2% -13 -10.3
航空機火災 4 0.0% -1 -20.0
その他火災 18,235 28.6% +366 +2
 
総出火件数 63,651 100.0% +60 +0.1

(2)  死傷者数
   平成14年中における死者数は2,235人、負傷者数は、8,786人でそれぞれ前年と比べますと死者は40人(+1.8%)の増加、負傷者は542人(+6.6%)の増加となっています。

 
  14年中(人数) 前年比較 増減率(%) 1日あたり 発生割合
死者数 2,235 40人 1.8% 6.1人 火災28.5件に1人
負傷者数 8,786 542人 6.6% 24.1人 火災 7.2件に1人

(3)  火災による損害
   火災による損害及び前年比については、次表のとおりです。

 
    前年比較 (増減率%) 1日あたり 1件あたり
焼損棟数 47,460棟 1,274棟 2.8 130棟 1.4棟
り災世帯数 31,268世帯 493世帯 1.6 86世帯 0.9世帯
建物焼損床面積 1,649,751m2 51,109m2 3.2 4,520m2 48.3m2
建物焼損表面積 196,454m2 25,509m2 14.9 538m2 5.7m2
林野焼損面積 263,353a 86,065a 48.5 722a 79a
損害額(万円) 16,737,301 2,001,759 13.8 45,856 263


2  建物用途ごとの火災発生状況 
   建物火災34,171件を建物用途別にみますと、次表のとおりです。

 
用途別 件数 構成比
住宅 12,825 37.5%
共同住宅 5,114 15.0%
複合用途(特定) 2,579 7.5%
工場 2,116 6.2%
複合用途(非特定) 1,279 3.7%
併用住宅 1,197 3.5%
事務所 852 2.5%
倉庫 766 2.2%
飲食店 620 1.8%
物品販売店 523 1.5%
その他の用途の建物火災 6,300 18.4%
 
計     34,171  


3  出火原因ごとの火災発生状況 
(1)  全火災
   全火災63,651件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

 
原因別 件数 構成比
放火 8,216 12.9%
たばこ 6,779 10.7%
放火の疑い 6,337 10.0%
こんろ 5,958 9.4%
たき火 4,410 6.9%
火あそび 2,237 3.5%
スト−ブ 1,782 2.8%
火入れ 1,683 2.6%
電灯・電話等の配線 1,511 2.4%
マッチ・ライタ− 1,101 1.7%
配線器具 1,056 1.7%
電気機器 984 1.5%
交通機関内配線 939 1.5%
排気管 861 1.4%
焼却炉 838 1.3%
溶接機・切断機 703 1.1%
灯火 703 1.1%
その他 10,256 16.1%
不明・調査中 7,297 11.5%
 
計     63,651  

(2)  建物火災
   建物火災34,171件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

 
原因別 件数 構成比
こんろ 5,881 17.2%
放火 3,889 11.4%
たばこ 3,625 10.6%
放火の疑い 2,611 7.6%
ストーブ 1,756 5.1%
電灯・電話等の配線 1,207 3.5%
火あそび 936 2.7%
配線器具 882 2.6%
電気機器 757 2.2%
たき火 691 2.0%
灯火 656 1.9%
風呂かまど 514 1.5%
マッチ・ライター 503 1.5%
溶接機・切断機 437 1.3%
電気装置 349 1.0%
焼却炉 310 0.9%
煙突・煙道 308 0.9%
取灰 206 0.6%
火入れ 158 0.5%
こたつ 119 0.3%
ボイラー 115 0.3%
その他 4,201 12.3%
不明・調査中 4,060 11.9%
 
計     34,171  

(3)  林野火災
    林野火災3,343件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

 
原因別 件数 構成比
たき火 885 26.5%
たばこ 493 14.7%
火入れ 371 11.1%
放火の疑い 338 10.1%
火あそび 170 5.1%
放火 118 3.5%
マッチ・ライター 67 2.0%
焼却炉 39 1.2%
その他 368 11.0%
不明・調査中 494 14.8%
 
計     3,343  

(4)  車両火災
    車両火災7,785件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

       
 
原因別 件数 構成比
放火 1,202 15.4%
交通機関内配線 884 11.4%
放火の疑い 841 10.8%
排気管 786 10.1%
衝突の火花 309 4.0%
たばこ 290 3.7%
内燃機関 282 3.6%
マッチ・ライタ− 228 2.9%
電気機器 165 2.1%
電気装置 142 1.8%
配線器具 102 1.3%
たき火 75 1.0%
焼却炉 43 0.6%
電灯電話等の配線 37 0.5%
火あそび 34 0.4%
こんろ 25 0.3%
火入れ 20 0.3%
溶接機・切断機 16 0.2%
取灰 11 0.1%
その他 1,197 15.4%
不明・調査中 1,096 14.1%
 
計     7,785  

(5)  船舶火災
   船舶火災113件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

 
原因別 件数 構成比
放火の疑い 11 9.7%
溶接機・切断機 11 9.7%
電灯電話等の配線 6 5.3%
排気管 5 4.4%
配線器具 5 4.4%
交通機関内配線 4 3.5%
その他 40 35.4%
不明・調査中 31 27.4%
 
計      113  

(6)  航空機火災
    航空機火災4件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

 
原因別 件数 構成比
交通機関内配線 1 25%
その他 2 50%
不明・調査中 1 25%
 
計     4  

(7)  その他火災
   その他火災18,235件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

 
原因別 件数 構成比
放火 3,006 16.5%
たき火 2,757 15.1%
放火の疑い 2,536 13.9%
たばこ 2,367 13.0%
火入れ 1,133 6.2%
火あそび 1,094 6.0%
焼却炉 445 2.4%
マッチ・ライタ− 301 1.7%
電灯電話等の配線 259 1.4%
溶接機・切断機 233 1.3%
取灰 71 0.4%
配線器具 67 0.4%
電気装置 62 0.3%
電気機器 56 0.3%
こんろ 51 0.3%
灯火 38 0.2%
ボイラ− 24 0.1%
排気管 23 0.1%
その他 2,097 11.5%
不明・調査中 1,615 8.9%
 
18,235  


4 死傷者の発生状況
(1)  火災種別ごとの死者発生状況
 死者2,235人について火災種別ごとにみますと、次表のとおりです。

種別 人数 構成比
建物火災 1,426 63.8%
林野火災 17 0.8%
車両火災 336 15.0%
船舶火災 1 0.0%
航空機火災 5 0.2%
その他火災 450 20.1%
     
計     2,235  

(2)  火災種別ごとの負傷者発生状況
 全負傷者8,786人について火災種別ごとにみますと、次表のとおりです。

種別 人数 構成比
建物火災 7,416 84.4%
林野火災 159 1.8%
車両火災 425 4.8%
船舶火災 11 0.1%
航空機火災 0 0.0%
その他火災 775 8.8%
     
計     8,786  

(3)  死者の発生した経過ごとの死者発生状況
 死者2,235人について、死者の発生した経過別にみますと、次表のとおりです。

経過別 人数 構成比
逃げ遅れ 832 37.2%
放火自殺 863 38.6%
着衣着火 144 6.4%
放火自殺者の巻添等 20 0.9%
出火後再進入 25 1.1%
その他 351 15.7%
     
計      2,235  

(4)  年齢ごとの死者発生状況
 死者2,235人について、年齢別にみますと、次表のとおりです。

年齢別 人数 構成比
6歳〜64歳以下 1,342 60.0%
65歳以上 840 37.6%
5歳以下 34 1.5%
年齢不明 19 0.9%
     
2,235  


 

平成14年火災総括表     別表


区分 平成14年
(A)

平成13年
(B)

増減
(A)-(B)
(C)
増減率
(C)/(B)
×100(%)
出火件数 63,651 63,591 60 0.1
建物 34,171 34,130 41 0.1
林野 3,343 3,007 336 11.2
車両 7,785 8,454 -669 -7.9
船舶 113 126 -13 -10.3
航空機 4 5 -1 -20.0
その他 18,235 17,869 366 2.0
焼損棟数 47,460 46,186 1,274 2.8
全焼 10,809 10,426 383 3.7
半焼 3,988 3,555 433 12.2
部分焼 14,849 14,587 262 1.8
ぼや 17,814 17,618 196 1.1
建物焼損床面積(m2 1,649,751 1,598,642 51,109 3.2
建物焼損表面積(m2 196,454 170,945 25,509 14.9
林野焼損面積(a) 263,353 177,288 86,065 48.5
死者 2,235 2,195 40 1.8
負傷者 8,786 8,244 542 6.6
り災世帯数 31,268 30,775 493 1.6
全損 7,481 7,276 205 2.8
半損 2,701 2,541 160 6.3
小損 21,086 20,958 128 0.6
り災人員 81,460 81,372 88 0.1
損害額(百万円) 167,373 147,355 20,018 13.6
建物 136,475 138,087 -1,612 -1.2
林野 1,447 1,120 327 29.2
車両 3,701 4,259 -558 -13.1
船舶 22,540 558 21,982 3939.4
航空機 24 150 -126 -84.0
その他 2,736 2,477 259 10.5
爆発 450 704 -254 -36.1
出火率(件/人口1万人) 5.0 5.0 0 0.0


戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー