English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ

平成14年(1月〜9月)における火災の概要(概数)




目   次


 
1 全国の概況
(1) 火災件数
(2) 死傷者数
(3) 火災による損害
 
2 建物用途ごとの火災発生状況
 
3 出火原因ごとの火災発生状況
(1) 全火災
(2) 建物火災
(3) 林野火災
(4) 車両火災
(5) 船舶火災
(6) 航空機火災
(7) その他火災
(8) 爆発のみの火災
 
4 死傷者の発生状況
(1) 火災種別ごとの死者発生状況
(2) 建物用途ごとの死者発生状況
(3) 火災種別ごとの負傷者発生状況
(4) 建物用途ごとの負傷者発生状況
(5) 死者の発生した経過ごとの死者発生状況
(6) 年齢層ごとの死者発生状況
(7) 条件の組み合わせによる死者発生状況
 
 
 
別 表
第1表  火災の概要
第2表  都道府県ごとの出火率

第3表  都道府県ごとの火災の概要(1/2)
     都道府県ごとの火災の概要(2/2)


別  図
第1図  過去5年間の火災の推移
第2図  過去5年間の死者の推移




1  全国の概況
(1)  出火件数
   平成14年(1月〜9月)における出火件数は48,874件で、これは、1日あたり約179件、約8分に1件の火災が発生したことになります。
 これを火災種別ごとにみますと、次表のとおりです。
 
種別 件数 構成比 前年比較(件) 増減数(%)
建物火災 25,135 51.4% -370 - 1.5
林野火災 2,986 6.1% +253 + 9.3
車両火災 5,867 12.0% -552 - 8.6
船舶火災 84 0.2% -12 - 12.5
航空機火災 3 0.0% -2 - 40.0
その他火災 14,799 30.3% +307 + 2.1
 
総出火件数 48,874 100.0% -376 - 0.8
(2)  死傷者数
   平成14年(1月〜9月)における死傷者数は、次表のとおりです。
 
  今期人数 前年同期比較 1日あたり 発生割合
死者数 1,621 -25 -1.5% 5.9人 火災30.2件に1人
負傷者数 6,347 +26 +0.4 23.4人 火災 7.7件に1人
(3)  火災による損害
   平成14年(1月〜9月)における火災損害は、1,041億5,483万円でその損害状況等は、次表のとおりです。
 
    前年同期比較 (増減率%) 1日あたり 1件あたり
焼損棟数 34,106棟 -671棟 - 1.9 125棟 1.4棟
り災世帯数 22,696世帯 -349世帯 - 1.5 83世帯 2.2世帯
建物焼損床面積 1,215,863u -2,198u - 0.2 4,454u 48.4u
建物焼損表面積 170,197u +41,840u + 32.6 623u 6.8u
林野焼損面積 251,338 +86,174 + 52.2 921a 84.2a
損害額(万円) 10,415,483 -918,155 - 8.1 38,152 213
2  建物用途ごとの火災発生状況 
   建物火災25,135件を建物用途別にみますと、次表のとおりです。
 
用途別 件数 構成比
住宅 9,412 37.5%
共同住宅 3,872 15.4%
複合用途(特定) 1,695 6.7%
工場 1,693 6.7%
併用住宅 1,146 4.6%
倉庫 902 3.6%
複合用途(非特定) 777 3.1%
事務所 580 2.3%
飲食店 516 2.1%
物品販売店舗 424 1.7%
学校 291 1.2%
旅館 138 0.6%
病院 113 0.4%
神社・寺院 111 0.4%
駐車場 83 0.3%
遊技場 79 0.3%
社会福祉施設 75 0.3%
その他の用途の建物火災 3,228 12.8%
 
25,135  
3  出火原因ごとの火災発生状況 
(1)  全火災
   全火災48,874件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。
 
原因別 件数 構成比
放火 5,868 12.0%
たばこ 5,270 10.8%
放火の疑い 4,686 9.6%
こんろ 4,378 9.0%
たき火 3,939 8.1%
火あそび 1,711 3.5%
火入れ 1,453 3.0%
電灯・電話等の配線 1,102 2.2%
ストーブ 1,043 2.1%
マッチ・ライター 863 1.8%
配線器具 796 1.6%
電気機器 687 1.4%
焼却炉 682 1.4%
排気管 628 1.3%
溶接機・切断機 545 1.1%
電気装置 506 1.0%
灯火 457 0.9%
その他 8,027 16.4%
不明・調査中 6,233 12.8%
 
48,874  
(2)  建物火災
   建物火災25,135件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。
 
原因別 件数 構成比
こんろ 4,311 17.2%
放火 2,768 11.0%
たばこ 2,634 10.5%
放火の疑い 1,892 7.5%
ストーブ 1,031 4.1%
電灯・電話等の配線 850 3.4%
火あそび 679 2.7%
配線器具 659 2.6%
たき火 584 2.3%
電気機器 523 2.1%
灯火 420 1.7%
風呂かまど 352 1.4%
マッチ・ライター 356 1.4%
溶接機・切断機 330 1.3%
電気装置 291 1.2%
焼却炉 232 0.9%
煙突・煙道 207 0.8%
取灰 149 0.6%
火入れ 124 0.5%
ボイラー 82 0.3%
こたつ 81 0.3%
76 0.3%
かまど 61 0.2%
その他 3,086 12.3%
不明・調査中 3,357 13.4%
 
25,135  
(3)  林野火災
   林野火災2,986件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。
 
原因別 件数 構成比
たき火 797 26.7%
たばこ 443 14.8%
火入れ 342 11.5%
放火の疑い 299 10.0%
火あそび 144 4.8%
放火 93 3.1%
マッチ・ライター 66 2.2%
焼却炉 34 1.2%
溶接機・切断機 7 0.2%
灯火 6 0.2%
その他 293 9.8%
不明・調査中 462 15.5%
 
2,986  
(4)  車両火災
   車両火災5,867件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。
 
原因別 件数 構成比
放火 896 15.3%
放火の疑い 599 10.2%
排気管 566 9.5%
衝突の火花 247 4.2%
内燃機関 239 4.1%
たばこ 221 3.8%
マッチ・ライター 181 3.1%
電気装置 163 2.8%
電気機器 122 2.1%
配線器具 82 1.4%
たき火 57 1.0%
電灯・電話等の配線 57 1.0%
焼却炉 39 0.5%
火あそび 28 0.6%
こんろ 21 0.4%
溶接機・切断機 13 0.2%
火入れ 12 0.2%
取灰 6 0.1%
その他 1,355 23.1%
不明・調査中 963 16.4%
5,867  
(5)  船舶火災
   船舶火災84件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。
 
原因別 件数 構成比
放火の疑い 8 9.5%
溶接機・切断機 7 8.3%
排気管 6 7.1%
配線器具 4 4.8%
電灯・電話等の配線 4 4.8%
電気装置 3 3.6%
たばこ 3 3.6%
内燃機関 3 3.6%
電気機器 2 2.4%
火あそび 2 2.4%
たき火 2 2.4%
その他 17 20.2%
不明・調査中 23 27.3%
 
84  
(6)  航空機火災
   航空機火災3件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。
 
原因別 件数 構成比
不明・調査中 3 100%
 
3  
(7)  その他火災
   その他火災14,799件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。
 
原因別 件数 構成比
たき火 2,499 16.9%
放火 2,110 14.3%
たばこ 1,969 13.3%
放火の疑い 1,888 12.8%
火入れ 974 6.6%
火あそび 858 5.8%
焼却炉 377 2.5%
マッチ・ライター 259 1.7%
電灯・電話等の配線 190 1.3%
溶接機・切断機 188 1.3%
取灰 59 0.4%
こんろ 42 0.3%
配線器具 51 0.3%
電気装置 48 0.3%
電気機器 39 0.3%
灯火 28 0.2%
ボイラー 20 0.1%
排気管 19 0.1%
内燃機関 13 0.1%
煙突・煙道 12 0.1%
その他 1,731 11.7%
不明・調査中 1,425 9.6%
 
14,799  
(8)  爆発のみの火災
   爆発のみの火災136件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。
 
原因別 件数 構成比
こんろ 21 15.4%
マッチ・ライター 12 8.8%
ストーブ 7 5.1%
ボイラー 6 4.4%
溶接機・切断機 6 4.4%
風呂かまど 6 4.4%
電気機器 5 3.7%
たき火 3 2.2%
3 2.2%
放火 2 1.5%
配線器具 2 1.5%
その他 53 39.0%
不明・調査中 10 7.4%
 
136  
4  死傷者の発生状況 
(1)  火災種別ごとの死者発生状況
   死者1,621人について火災種別ごとにみますと、次表のとおりです。
 
種別 人数 構成比
建物火災 1,000 61.7%
林野火災 14 0.8%
車両火災 249 15.4%
船舶火災 0 -
航空機火災 5 0.3%
その他火災 353 21.8%
 
1,621  
(2)  建物用途ごとの死者発生状況
   建物火災における死者1,000人について火災種別ごとにみますと、次表のとおりです。
 
用途別 人数 構成比
住宅 664 66.4%
共同住宅 150 15.0%
併用住宅 82 8.2%
複合用途(非特定) 19 1.9%
複合用途(特定) 13 1.3%
旅館 4 0.4%
物品販売店舗 2 0.2%
社会福祉施設 1 0.1%
飲食店 1 0.1%
その他の用途の建物火災 64 6.4%
 
1,000  
(3)  火災種別ごとの負傷者発生状況
   全負傷者6,347人について火災種別ごとにみますと、次表のとおりです。
 
種別 人数 構成比
建物火災 5,270 83.0%
林野火災 142 2.2%
車両火災 315 5.0%
船舶火災 7 0.1%
航空機火災 0 -
その他火災 613 9.7%
 
6,347  
(4)  建物用途ごとの負傷者発生状況
   建物火災における負傷者5,270人を建物用途別にみますと、以下のとおりです。
 
用途別 人数 構成比
住宅 2,419 45.9%
共同住宅 999 18.9%
複合用途(特定) 380 7.2%
併用住宅 332 6.3%
複合用途(非特定) 182 3.5%
飲食店 70 1.3%
物品販売店舗 62 1.2%
旅館 21 0.4%
社会福祉施設 18 0.3%
病院 12 0.2%
料理店 5 0.1%
劇場 3 0.1%
遊技場 3 0.1%
その他の用途の建物火災 764 14.5%
 
5,270  
(5)  死者の発生した経過ごとの死者発生状況
    死者1,621人について、死者の発生した経過別にみますと、次表のとおりです。
 
経過別 人数 構成比
逃げおくれ 587 36.2%
放火自殺 652 40.2%
着衣着火 99 6.1%
放火自殺巻添 25 1.6%
出火後再進入 16 1.0%
その他 242 14.9%
 
1,621  
(6)  年齢層ごとの死者発生状況
   死者1,621人について、年齢別にみますと、次表のとおりです。
 
年齢別 人数 構成比
6歳〜64歳以下 998 61.6%
65歳以上 589 36.3%
5歳以下 27 1.7%
年齢不明 7 0.4%
 
1,621  
(7)  条件の組み合わせによる死者発生状況
  ア 年齢層及び火災種別
 (ア)  5歳以下における死者27人の火災種別についてみますと、次表のとおりです。
 
種別 人数 構成比
建物火災 25 92.6%
林野火災 0 -
車両火災 1 3.7%
船舶火災 0 -
航空機火災 0 -
その他火災 1 3.7%
 
27  
   (イ)   6歳〜64歳以下における死者998人の火災種別についてみますと、次表のとおりです。
 
種別 人数 構成比
建物火災 543 54.4%
林野火災 2 0.2%
車両火災 215 21.5%
船舶火災 0 -
航空機火災 5 0.5%
その他火災 233 23.4%
 
998  
   (ウ)  65歳以上における死者430人(建物火災)の建物用途別についてみますと次表のとおりです。
 
用途別 人数 構成比
住宅 330 76.8%
併用住宅 40 9.3%
共同住宅 32 7.5%
複合用途(非特定) 4 0.9%
社会福祉施設 1 0.2%
複合用途(特定) 1 0.2%
物品販売店 1 0.2%
その他 21 4.9%
 
430  
  イ 年齢層及び建物用途
 (ア)  5歳以下における死者25人(建物火災)の建物用途別についてみますと次表のとおりです。
 
種別 人数 構成比
共同住宅 9 36.0%
住宅 9 36.0%
併用住宅 3 12.0%
複合用途(非特定) 4 16.0%
 
25  
   (イ)  6歳〜64歳以下における死者543人(建物火災)の建物用途別についてみますと、次表のとおりです。
 
用途別 人数 構成比
住宅 325 59.9%
共同住宅 109 20.1%
併用住宅 39 7.2%
複合用途(特定) 12 2.2%
複合用途(非特定) 11 2.0%
旅館 4 0.7%
飲食店 1 0.2%
物品販売店舗 1 0.2%
その他 41 7.5%
 
543  
   (ウ)  65歳以上における死者589人について、死者の発生した経過別にみますと、次表のとおりです。
 
経過別 人数 構成比
逃げおくれ 291 49.4%
放火自殺 120 20.4%
着衣着火 70 11.9%
放火自殺巻添 7 1.2%
出火後再進入 14 2.4%
その他 87 14.7%
 
589  
  ウ 年齢層及び死者の発生した経過
 (ア)  5歳以下における死者27人について、死者の発生した経過別にみますと次表のとおりです。
 
経過別 人数 構成比
逃げおくれ 25 92.6%
放火自殺 2 7.4%
着衣着火 0 -
放火自殺巻添 0 -
出火後再進入 0 -
その他 0 -
 
27  
   (イ)   6歳〜64歳以下における死者998人について、死者の発生した経過別にみますと、次表のとおりです。
 
経過別 人数 構成比
逃げおくれ 271 27.2%
放火自殺 525 52.6%
着衣着火 28 2.8%
放火自殺巻添 18 1.8%
出火後再進入 2 0.2%
その他 154 15.4%
 
998  
戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー