English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ


平成17年(1月〜9月)における火災概要(概数)




目次


 
1 全国の概況
(1) 火災件数
(2) 死傷者数
(3) 火災による損害
 
2 建物用途ごとの火災発生状況
 
3 出火原因ごとの火災発生状況
(1) 全火災
(2) 建物火災
(3) 林野火災
(4) 車両火災
(5) 船舶火災
(6) 航空機火災
(7) その他火災

4 負傷者の発生状況
(1) 火災種別ごとの負傷者発生状況
(2) 建物用途ごとの負傷者発生状況

5 死者の発生状況
(1) 火災種別ごとの死者発生状況
(2) 建物用途ごとの死者発生状況
(3) 死者の発生した経過ごとの死者発生状況
(4) 年齢層ごとの死者発生状況
(5) 建物火災における死者の発生状況
  ア 建物火災における経過別死者の発生状況
  イ 建物火災における年齢別死者の発生状況
  ウ 建物火災における出火原因別死者の発生状況
(6) 住宅火災における死者の発生状況
  ア 住宅火災における経過別死者の発生状況
  イ 住宅火災における年齢別死者の発生状況
  ウ 住宅火災における出火原因別死者の発生状況
6 放火の発生状況
(1) 放火火災の火災種別ごとの発生状況
(2) 放火火災の主な出火箇所ごとの発生状況
(3) 放火火災の月別の出火件数
(4) 放火火災の曜日別の出火件数
(5) 放火火災の時間帯別の出火件数
(6) 全火災に占める、放火火災の割合


別表
第1表  火災の概要 (EXCEL形式)
第2表  都道府県ごとの出火率 (EXCEL形式)

第3表  四半期ごとの火災発生状況 (EXCEL形式)
第4表  都道府県ごとの火災の概要(1/2) (EXCEL形式)
第4表  都道府県ごとの火災の概要(2/2) (EXCEL形式)


平成17年(1月〜9月)における火災概要(概数)

全国の概況
 (1)  火災件数
    平成17年(1月〜9月)における出火件数は42,872件で、これは、おおよそ1日あたり157件、9分に1件の火災が発生したことになります。
 これを火災種別ごとにみますと、次表のとおりです。

種別 件数 構成比(%) 前年同期比較 増減数(%)
建物火災 24,371 56.8% ▲ 991 -3.9%
車両火災 4,884 11.4% ▲488 -9.1%
林野火災 1,825 4.3% ▲ 541 -22.9%
船舶火災 92 0.2% ▲ 11 -10.7%
航空機火災 7 0.0% 1 16.7%
その他火災 11,693 27.3% ▲ 2,480 -17.5%
         
総出火件数 42,872 100% ▲ 4,510 -9.5%
 (2)  死傷者数
   平成17年(1月〜9月)における死傷者数は、次表のとおりです。

  人数 前年同期比較 1日あたり 発生割合
死者数 1,558 35 2.3% 5.7人 火災27.5件に1人
負傷者数 6,384 ▲ 237 -3.6% 23.4人 火災 6.7件に1人

 (3)  火災による損害
   平成17年(1月〜9月)における火災損害は、1,046億8,163万円でその損害状況等は、次表のとおりです。

    前年同期比 (増減率%) 1日あたり 1件あたり
焼損棟数 34,325 ▲ 821 -2.3% 126棟 1.4棟
り災世帯数 21,779 ▲ 1,113 -4.9% 80世帯 0.9世帯
建物焼損床面積(m2) 1,159,569 ▲ 59,556 -4.9% 4,248m2 47.6m2
建物焼損表面積(m2) 116,216 ▲ 690 -0.6% 426m2 4.8m2
林野焼損面積(a) 98,655 ▲ 48,871 -33.1% 361a 54.1a
損害額(万円) 10,468,163 196,893 1.9% 38,345 244


2  建物用途ごとの火災発生状況

  建物火災24,371件を建物用途別にみますと、次表のとおりです。
 
用途別 件数 構成比
住宅火災 13,715 56.3%
  一般住宅 9,068 37.2%
共同住宅 3,859 15.8%
併用住宅 788 3.2%
複合用途(特定) 1,794 7.4%
工場 1,618 6.6%
複合用途(非特定) 794 3.3%
事務所 564 2.3%
倉庫 490 2.0%
飲食店 432 1.8%
物品販売店舗 405 1.7%
学校 285 1.2%
病院 149 0.6%
旅館 146 0.6%
神社・寺院 125 0.5%
社会福祉施設 75 0.3%
遊技場 81 0.3%
駐車場 63 0.3%
その他の用途の建物火災 3,635 14.9%
     
24,371 100%


出火原因ごとの火災発生状況

 (1) 全火災
    全火災42,872件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

原因別 件数 構成比 前年同期比 (増減率%)
放火 5,283 12.3% ▲ 934 -15.0%
たばこ 4,403 10.3% ▲ 502 -10.2%
こんろ 4,395 10.3% ▲ 99 -2.2%
放火の疑い 3,795 8.9% ▲ 696 -15.5%
たき火 2,577 6.0% ▲ 539 -17.3%
火あそび 1,467 3.4% ▲ 175 -10.7%
ストーブ 1,313 3.1% 127 10.7%
電灯・電話等の配線 1,155 2.7% ▲ 116 -9.1%
火入れ 1,041 2.4% ▲ 105 -9.2%
配線器具 849 2.0% ▲ 16 -1.8%
マッチ・ライター 735 1.7% ▲ 54 -6.8%
電気機器 713 1.7% 0 0.0%
排気管 563 1.3% ▲ 46 -7.6%
灯火 520 1.2% 22 4.4%
溶接機・切断機 490 1.1% ▲ 101 -17.1%
焼却炉 461 1.1% ▲ 90 -16.3%
風呂かまど 331 0.8% 6 1.8%
その他 7,654 17.9% ▲ 850 -10.0%
不明・調査中 5,127 12.0% ▲ 342 -6.3%
         
42,872 100% ▲ 4,510 -9.5%

 (2) 建物火災
   建物火災24,371件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

原因別 件数 構成比
こんろ 4,324 17.7%
放火 2,605 10.7%
たばこ 2,526 10.5%
ストーブ 1,296 5.3%
放火の疑い 1,600 6.6%
電灯・電話等の配線 903 3.7%
配線器具 700 2.9%
火あそび 623 2.6%
電気機器 547 2.2%
灯火 493 2.0%
たき火 461 1.9%
マッチ・ライター 351 1.4%
風呂かまど 322 1.3%
溶接機・切断機 290 1.2%
電気装置 276 1.1%
煙突・煙道 176 0.7%
焼却炉 174 0.7%
取灰 139 0.6%
火入れ 106 0.4%
90 0.4%
ボイラー 84 0.3%
こたつ 57 0.2%
かまど 57 0.2%
その他 3,167 13.0%
不明・調査中 3,004 12.3%
     
24,371 100%

 (3) 林野火災
   林野火災1,825件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

原因別 件数 構成比
たき火 485 26.6%
たばこ 231 12.7%
火入れ 215 11.8%
放火の疑い 134 7.3%
火あそび 89 4.9%
放火 55 3.0%
マッチ・ライター 52 2.8%
焼却炉 16 0.9%
取灰 10 0.5%
その他 245 13.4%
不明・調査中 293 16.1%
1,825 100%

 (4) 車両火災
   車両火災4,884件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

原因別 件数 構成比
放火 667 13.7%
排気管 514 10.5%
放火の疑い 473 9.7%
たばこ 183 3.7%
内燃機関 161 3.3%
衝突の火花 159 3.3%
マッチ・ライター 122 2.5%
電気機器 111 2.3%
電気装置 104 2.1%
配線器具 86 1.8%
たき火 46 0.9%
こんろ 35 0.7%
電灯・電話等の配線 30 0.6%
火あそび 16 0.3%
焼却炉 22 0.5%
火入れ 17 0.3%
取灰 10 0.2%
その他 1,360 27.8%
不明・調査中 768 15.7%
4,884 100%

 (5) 船舶火災
   船舶火災92件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

原因別 件数 構成比
放火の疑い 9 9.8%
電気機器 8 8.7%
電灯・電話等の配線 7 7.6%
配線器具 6 6.5%
溶接機・切断機 6 6.5%
放火 5 5.4%
電気装置 4 4.3%
こんろ 3 3.3%
その他 30 32.6%
不明・調査中 14 15.2%
     
92 100%

 (6) 航空機火災
    航空機火災7件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

原因別 件数 構成比
放火の疑い 2 28.6%
排気管 1 14.3%
マッチ・ライター 1 14.3%
溶接機・切断機 1 14.3%
その他 1 14.3%
不明・調査中 1 14.3%
     
7 100%

 (7) その他火災
   その他火災11,693件を出火原因別にみますと、次表のとおりです。

原因別 件数 構成比
放火 1,951 16.7%
たき火 1,583 13.5%
放火の疑い 1,577 13.5%
たばこ 1,462 12.5%
火あそび 737 6.3%
火入れ 702 6.0%
焼却炉 248 2.1%
電灯・電話等の配線 211 1.8%
マッチ・ライター 209 1.8%
溶接機・切断機 179 1.5%
電気装置 61 0.5%
配線器具 57 0.5%
取灰 49 0.4%
電気機器 47 0.4%
こんろ 30 0.3%
灯火 20 0.2%
ボイラー 19 0.2%
排気管 18 0.2%
ストーブ 13 0.1%
内燃機関 10 0.1%
煙突・煙道 7 0.1%
その他 1,456 12.5%
不明・調査中 1,047 9.0%
     
11,693 100%


4 負傷者の発生状況
 (1) 火災種別ごとの負傷者発生状況
   全負傷者 6,384人について火災種別ごとにみますと、次表のとおりです。

種別 人数 構成比 前年同期比 増減率(%)
建物火災 5,466 85.6% ▲ 154 -2.7%
車両火災 272 4.3% 2 0.7%
林野火災 114 1.8% ▲ 14 -10.9%
船舶火災 5 0.1% ▲ 13 -72.2%
航空機火災 0 0.0% ▲ 3 -
その他火災 527 8.3% ▲ 55 -9.5%
         
6,384 100% ▲ 237 -3.6%

 (2) 建物用途ごとの負傷者発生状況
   建物火災における負傷者5,466人について建物用途別にみますと、以下のとおりです。

用途別 人数 構成比
一般住宅 2,544 46.5%
共同住宅 1,098 20.1%
複合用途(特定) 365 6.7%
複合用途(非特定) 217 4.0%
併用住宅 171 3.1%
飲食店 85 1.6%
旅館 60 1.1%
物品販売店舗 44 0.8%
病院 18 0.3%
料理店 12 0.2%
社会福祉施設 12 0.2%
キャバレー 6 0.1%
幼稚園 4 0.1%
その他の用途の建物火災 830 15.2%
     
5,466 100%


5 死者の発生状況
 (1) 火災種別ごとの死者発生状況
   死者1,558人について火災種別ごとにみますと,次表のとおりです。

種別 人数 構成比 前年同期比 増減率(%)
建物火災 1,115 71.6% 43 4.0%
車両火災 168 10.8% ▲ 13 -7.2%
林野火災 8 0.5% ▲ 3 -27.3%
船舶火災 0 0.0% 0 0.0%
航空機火災 1 0.1% 1 -
その他火災 266 17.1% 9 3.5%
         
1,558 100% 35 2.3%

 (2) 建物用途ごとの死者発生状況
   建物火災における死者1,115人を建物用途別にみますと、次表 のとおりです。

用途別 人数 構成比
住宅火災 991 88.9%
  一般住宅 780 70.0%
併用住宅 53 4.8%
共同住宅 158 14.2%
複合用途(特定) 42 3.8%
複合用途(非特定) 30 2.7%
旅館 1 0.1%
病院 1 0.1%
キャバレー 1 0.1%
その他の用途の建物火災 49 4.4%
     
1,115 100%

 (3) 死者の発生した経過ごとの死者発生状況
   死者1,558人について、死者の発生した経過別にみますと、次表のとおりです。

経過別 人数 構成比
逃げおくれ 621 39.9%
着衣着火 102 6.5%
出火後再進入 25 1.6%
放火自殺等 放火自殺 466 29.9%
放火自殺巻添 10 0.6%
その他 334 21.4%
     
1,558 100%

 (4) 年齢層ごとの死者発生状況
   死者1,558人について、年齢別にみますと、次表のとおりです。

年齢別 人数 構成比
5歳以下 52 3.3%
6歳〜64歳以下 817 52.4%
65歳以上 678 43.5%
年齢不明 11 0.7%
     
1,558 100%

 (5) 建物火災における死者の発生状況
  ア 建物火災における経過別死者の発生状況
経過別 建物火災 構成比 前年同期比 増減率
放火自殺(心中含む) 169 15.2% ▲22 -11.5%
放火自殺巻添え 8 0.7% ▲5 -38.5%
放火自殺等を除く 938 84.1% 70 8.1%
  逃げおくれ 583 52.3% 56 10.6%
着衣着火 60 5.4% 1 1.7%
出火後再進入 25 2.2% 1 4.2%
その他 270 24.2% 12 4.7%
         
1,115 100% 43 4.0%

  イ 建物火災における年齢別死者の発生状況(放火自殺等を除く)

年齢別 人数 構成比 前年同期比 増減率
5歳以下 44 4.7% 19 76.0%
6歳〜64歳以下 380 40.5% 24 6.7%
65歳以上 512 54.6% 26 5.3%
年齢不明 2 0.2% 1 -
         
938 100% 70 8.1%

  ウ 住宅火災における出火原因別死者の発生状況
原因別 件数 構成比
たばこ 182 16.3%
放火 162 14.5%
ストーブ 93 8.3%
こんろ 66 5.9%
放火の疑い 61 5.5%
電灯・電話等の配線 25 2.2%
灯火 23 2.2%
マッチ・ライター 22 2.0%
火あそび 18 1.6%
配線器具 15 1.3%
こたつ 11 1.0%
風呂かまど 8 0.7%
電気機器 7 0.6%
たき火 4 0.4%
溶接機・切断機 2 0.2%
取灰 1 0.1%
かまど 1 0.1%
電気装置 1 0.1%
その他 44 3.9%
不明・調査中 369 33.1%
     
1,115 100%

 (6) 住宅火災における死者の発生状況
  ア 住宅火災における経過別死者の発生状況
経過別 住宅火災 構成比 前年同期比 増減率
放火自殺(心中含む) 146 14.7% ▲ 10 -6.4%
放火自殺巻添え 6 0.6% ▲ 6 -50.0%
放火自殺等を除く 839 84.7% 69 9.0%
  逃げおくれ 528 53.3% 57 12.1%
着衣着火 52 5.2% 4 8.3%
出火後再進入 23 2.3% 1 4.5%
その他 236 23.8% 7 3.1%
         
991 100% 53 5.7%

  イ 住宅火災における年齢別死者の発生状況(放火自殺等を除く)

年齢別 人数 構成比 前年同期比 増減率
5歳以下 39 4.6% 15 62.5%
6歳〜64歳以下 329 39.2% 22 7.2%
65歳以上 471 56.1% 32 7.3%
年齢不明 0 0.0% 0 -
         
839 100% 69 9.0%

  ウ 住宅火災における出火原因別死者の発生状況
原因別 件数 構成比
たばこ 166 16.8%
放火 135 13.6%
ストーブ 88 8.9%
こんろ 57 5.8%
放火の疑い 54 5.4%
電灯・電話等の配線 25 2.5%
灯火 22 2.2%
マッチライター 19 1.9%
火あそび 14 1.4%
こたつ 11 1.1%
配線器具 10 1.0%
風呂かまど 8 0.8%
電気機器 4 0.4%
たき火 2 0.2%
溶接機・切断機 2 0.2%
かまど 1 0.1%
電気装置 1 0.1%
取灰 1 0.1%
その他 35 3.5%
不明・調査中 336 33.9%
     
991 100%


6 放火の発生状況
※「放火火災」とは:出火原因が放火及び放火の疑いの火災(9,078件)のことをいう。
 (1) 放火火災ごとの発生状況
 
火災種別(用途) 件数 構成比
(建物計) 4,205 46.3%
建物火災 住宅 1,009 11.1%
共同住宅 820 9.0%
特定複合用途 365 4.0%
事務所 160 1.8%
物品販売店舗 157 1.7%
非特定複合用途 154 1.7%
学校 141 1.6%
工場 116 1.3%
倉庫 116 1.3%
併用住宅 92 1.0%
病院 63 0.7%
神社・寺院 52 0.6%
飲食店 39 0.4%
駐車場 33 0.4%
遊技場 28 0.3%
停車場 26 0.3%
旅館 25 0.3%
社会福祉施設 22 0.2%
公会堂 18 0.2%
その他の建物 769 8.5%
林野火災 189 2.1%
車両火災 1,140 12.6%
船舶火災 14 0.2%
航空機火災 2 -
その他火災 3,528 38.9%
     
9,078 100%

 (2) 放火火災の主な出火箇所ごとの発生状況
 

出火箇所 件数 構成比
空地、河川敷、田畑等 2,074 22.8%
住宅の居室等 618 6.8%
建物の外周部 488 5.4%
道路 451 5.0%
車両船舶の運転席 412 4.5%
道路、空地 393 4.3%
車両等の外周部 391 4.3%
一般倉庫 353 3.9%
公園 333 3.7%
ごみ集積場 329 3.6%
建物の廊下 316 3.5%
トイレ 299 3.3%
車両、船舶、航空機 281 3.1%
建物のその他の部分 206 2.3%
物置 204 2.2%
その他の出火箇所 1,930 21.3%
     
9,078 100%

 (3) 放火火災の月別の出火件数
 
件数 構成比 前年同期比 (増減率%)
1月 1,076 11.9% ▲410 -27.6%
2月 985 10.9% ▲443 -31.0%
3月 1,181 13.0% ▲200 -14.5%
4月 1,238 13.6% ▲100 -7.5%
5月 1,196 13.2% 68 6.0%
6月 1,004 11.1% ▲1 -0.1%
7月 817 9.0% ▲220 -21.2%
8月 773 8.5% ▲200 -20.6%
9月 808 8.9% ▲124 -13.3%
10月        
11月        
12月        
         
9,078 100% ▲1,630 -21.0%

 (4) 放火火災の曜日別の出火件数
 

曜日 件数 構成比
1,413 15.6%
1,306 14.4%
1,233 13.6%
1,226 13.5%
1,242 13.7%
1,230 13.5%
1,273 14.0%
出火日不明 155 1.7%
9,078 100%

 (5) 放火火災時間帯別の出火件数
 

時間帯 件数 構成比
0〜1 1,171 12.9%
2〜3 1,113 12.3%
4〜5 781 8.6%
6〜7 386 4.3%
8〜9 330 3.6%
10〜11 352 3.9%
12〜13 478 5.3%
14〜15 611 6.7%
16〜17 690 7.6%
18〜19 652 7.2%
20〜21 871 9.6%
22〜23 957 10.5%
時間帯不明 686 7.6%
9,078 100%

 (6) 全火災に占める、放火火災の割合
 

全出火件数
(a)
放火火災の件数
(b)
割合
(b)/(a)
平成 8年 64,006 12,110 18.9%
平成 9年 61,889 12,876 20.8%
平成10年 54,514 12,467 22.9%
平成11年 58,526 12,945 22.1%
平成12年 62,454 13,852 22.2%
平成13年 63,591 14,408 22.7%
平成14年 63,651 14,553 22.9%
平成15年 56,333 14,061 25.0%
平成16年 60,387 14,006 23.2%
平成17年(1月〜月) 42,872 9,078 21.2%



戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー