English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ

T 救急業務の概要
1 救急業務の実施体制
消防本部

区 分

平成10年
4月1日現在

平成11年
4月1日現在

対前年増減数

対前年増減率
 (%)

単  独

  452

  438

△14

△ 3.1

組  合

  468

 473

5

 1.1

  計

  920

  911

△ 9

△ 1.0


※ 全国で救急業務を実施している消防本部数であり、合計では前年と比較し9本部減
 
救急業務実施市町村数及び救急業務実施市町村人口

区  分

平成10年
4月1日現在

平成11年
4月1日現在

対前年増減数

対前年増減率
  (%)

救急業務実施 市町村数

3,150

3,163
13

0.4

救急業務実施   市町村率(%)

97.4
97.9
0.5

 

救急業務実施 市町村人口

125,268,745

125,312,473

43,728

0.03

救急業務人口   カバー率(%)

99.8

99.8

0


全国の市町村数は、平成10年4月1日現在3,233市町村、平成11年4月1日現在、3,230市町村である。
 ※ 救急業務人口カバー率は平成7年国勢調査確定値人口125,570,246人との割合による。
救急隊員等

区  分

平成10年
4月1日現在

平成11年
4月1日現在

対前年増減数

対前年増減率
 (%)

救急隊員としての資格を有する消防職員数

92,854

 94,841

 1,987

  2.1

現に救急業務に従事している救急隊員数

55,410

 55,717

   307

  0.6

救急隊数

4,515

  4,553

    38

  0.8


救急自動車保有台数

 5,197

  5,251

    54

  1.0


 
 
2 救急業務の実施状況
(1)救急自動車による事故種別救急出場件数及び搬送人員の状況

 区  分
平成9年中
 出場件数
(搬送人員)

 
平成10年中
 出場件数 
(搬送人員)

 
対前年増減数

対前年増減率(%)

構成比
(%)

構成比
(%)

急  病

1,899,987
(1,778,632)

54.6
(53.2)

2,062,261
(1,928,256)

55.7
(54.4)

162,274
(149,624)

  8.5
(8.4)

交通事故

627,603
(707,706)

18.0
(21.2)

625,012
(704,163)

16.9
(19.9)

△2,591
(△3,543)

 △0.4
 (△0.5)

一般負傷

413,940
(389,973)

11.9
(11.7)

449,717
(423,780)

12.2
(11.9)

35,777
(33,807)

  8.6
 (8.7)

そ の 他

534,974
(465,969)

15.5
(13.9)

564,325
(489,776)

15.2
(13.8)

29,351
(23,807)

  5.5
 (5.1)

合  計

3,476,504
(3,342,504)

100.0
(100.0)

3,701,315
(3,545,975)

100.0
(100.0)

224,811
(203、471)

  6.5
  (6.1)


 
(2)救急自動車による傷病程度別搬送人員の状況

区 分
平成9年中

 
平成10年中

 
対前年増減数

対前年増減率
  (%)

構成比(%)

構成比(%)

死 亡

54,869 

  1.6

57,844

1.6

  2,975

  5.4

重 症

430,186

12.9

440,624

12.4

10,438

  2.4

中等症

1,177,906

35.3

1,259,112

35.6

 81,206

  6.9

軽 症

1,675,374

50.2

1,783,398

50.4

108,024

 6.4

合 計

3,338,335

100.0

3,540,978

100.0

202,643

  6.1


※ 死亡とは、初診時において死亡が確認されたもの。
  重症とは、傷病の程度が3週間以上の入院を必要とするもの。
  中等症とは、傷病の程度が入院を必要とするもので重症に至らないもの。
  軽症とは、傷病の程度が入院加療を必要としないもの。
救急自動車による搬送人員3,545,975人のうち、医師の診断を受け傷病程度の判明した3,540,978人について傷病程度別に示したものである。
(3)現場到着平均所要時間及び収容平均所要時間の状況  (単位:分)

 区 分

平成6年

平成7年

平成8年

平成9年

平成10年

現場到着平均所要時間


5.8


6.0


6.0


6.1


6.0

収容平均所要時間


23.6


24.2


24.4


26.0


26.7


※ 現場到着平均所要時間とは、覚知から救急自動車による現場到着までの平均所要時間をいう。
収容平均所要時間とは、覚知から救急自動車による医療機関収容までの平均所要時間をいう。

戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー