English
総務省消防庁 消防庁についてサイト内検索リンク集
電子申請窓口パブリック・コメントご意見・お問い合わせ
一般の方へ 消防防災関係者の方へ

津波災害への備え


このページのPDF版はこちら

このページの英語版はこちら

津波発生のメカニズム(地震の発生)
(1)地震の発生により海底が上昇
(2)海底の上昇により海面が上昇


画像は全て右クリックして保存する事ができます

(3)海面の上昇に伴い津波が発生
  ・周期の長い非常に大きなうねりが発生

(4)第一波に続いて、第2波、第3波が連続
  ・津波は一度だけでは終わらない、繰り返し襲う

(5)津波の到達
  ・海岸に近くなる(水深が浅くなる)と波高が高まる

※普通の高波との違い
  高波、波→風によって表面の海水が吹き寄せられる

高波
  ・高くなった部分の一部が海岸を越える
  ・平常時の海面の高さ自体は変わらない

津波の速さは
  ・海域での伝達はジェット機なみの速さ

日本の裏から津波が襲うことも

強い揺れや弱くても長い揺れを感じたら
地震を感じなくても、「大津波警報」「津波警報」を見聞きしたら・・・

・大津波警報・津波警報は、テレビやラジオなどの放送のほか、広報車、防災行政無線などで伝達されます。

・いち早く海岸から離れ、避難してください。

・海水浴等により海岸保全施設等よりも海側にいる人は、「津波注意報」でも避難が必要です。

・近くの高台や津波避難タワー、津波避難ビルなどに避難してください。

・しばらくは避難継続してください。(津波は繰り返し襲ってくるので、大津波警報等が解除されるまでは気をゆるめない。)

・時間と余力がある限り、海岸から離れたより安全な高台などに避難してください。


津波災害について、詳しく知りたい方は以下をご覧ください

(学 習)

「海岸の近くにいるときに地震が起きたら?」 PDFファイル
(防災教材「チャレンジ!防災48」)

「基礎を学ぶ(地震・津波災害)」
(防災・危機管理 e−カレッジ)

「基礎を学ぶ(津波から身を守る−温故知新−)」
(防災・危機管理 e−カレッジ)

「深く学ぶ(津波対策)」
(防災・危機管理 e−カレッジ)

「稲村の火の館」
(和歌山県広川町)


(学 習:こども向け)

「津波はどうしておこる?」 PDFファイル
(わたしのサバイバル手帳)

「津波について学ぶ(こども向け)」
(防災・危機管理 e−カレッジ)


(災害映像)

「南海地震による津波被害の予想動画【福良湾】」
(兵庫県南あわじ市)

「巨大津波来襲 東海・東南海・南海地震津波に備える」
(三重県)

「災害の爪跡と復興への道」
(北海道奥尻町)

「津波ディジタルライブラリィ」
(津波ディジタルライブラリィ作成委員会)

「津波災害の様子」
 (防災・危機管理 e−カレッジ 防災48)


(防災気象情報)

「津波警報・注意報、津波情報、津波予報」
(気象庁)

「気象等の知識 地震・津波」
(気象庁)

戻る ページTOPへ
総務省消防庁 〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-5111(代表)
Copyright© Fire and Disaster Management Agency. All Rights Reserved.
サイトマップ プライバシーポリシー