こんな活動をしています

三宅島噴火及び新島・神津島近海を震源とする地震による災害

平成12年6月26日、三宅島について噴火のおそれがあるとして緊急火山情報が発表され、その後7月4日頃から山頂直下での地震が観測され始め、7月8 日、14日、8月10日、13日、14日と小規模な噴火があり、8月18日には、それまでで最大規模の噴火が起こり、29日にも18日に次ぐ規模の噴火がありました。
三宅村では、6月26日に避難勧告を行い、27日の時点における避難勧告の対象は、1,336世帯、2,607人となり、その後7月14日、8月10日及び18日の噴火の際に、それぞれ避難勧告を出したものの、8月21日までにはすべて全面解除されました。しかし、度重なる噴火のため、島外へ自主的に避難する住民も多くいる中で、9月2日には、三宅村が防災及びライフライン関係要員を除く住民の島外への避難指示を行いました。

8月18日に雄山から再噴火した三宅島

 また、平成12年6月26日から、三宅島島内西部で始まった火山性の地震活動は、西方へ移動しながら三宅島と神津島の中間の海域まで移動するとともに、 27日午後からはマグニチュード4.0以上の地震が発生し始め、29日12時11分にはマグニチュード5.2の地震が発生し、神津島村で震度5弱を記録しました。
7月1日16時01分には、新島・神津島近海を震源とする地震が発生し、神津島村では震度6弱、新島村で震度5弱を記録しました。
この地震により、神津島村では土砂崩れにより、男性1人が死亡したほか、住家の一部破損、土砂崩れ等多くの物的被害が発生しました。地震による死者の発生は、阪神・淡路大震災以後初めてのことでした。
この地震以降も、三宅島近海及び新島・神津島近海では地震が多発し、6月26日から10月末日までの間に、震度6弱が6回、震度5強が7回及び震度5弱が17回発生し、新島村では負傷者14人、住家の一部破損108棟(10月31日現在)の被害が発生しました。

倒壊した家屋(新島若郷地区)

これらの災害について、巡回、給水、避難誘導、泥流警戒など、延べ約1,800人の消防団員が出動し活躍しました。
特に、伊豆諸島の各島では、地震により家屋の倒壊や崖崩れが多く発生し、ブロック塀の破損が多く、余震等により崩れやすくなったブロック塀等による二次災害を防止するため、崩れた瓦礫の整理、崩れかけたものや亀裂の入ったものの撤去などを行い、安全対策の徹底を図りました。また、三宅島では、雄山の噴火により全島避難命令が出された中でも、自らの危険を顧みず現地に交代で残留して警戒活動を続けました。

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)

ページの先頭へ