こんな活動をしています

熊本県水俣市土石流災害
(平成15年7月20~21日)

(宝川内地区の土砂災害の全容)
(熊本県水俣市)

平成15年7月18日から21日にかけての梅雨前線による大雨は、九州全域に大きな被害を与え、九州各県で延べ約9千人の消防団員が出動し、住民の避難誘導や水防活動で活躍しました。
(詳細はこちら)(PDF)

特に、熊本県水俣市の土石流災害では、多くの人的被害(死者19人、重軽傷者7人)が発生し、延べ2,500人の消防団員が危険箇所の警戒、住民の避難誘導、水防活動で活躍しました。これらの活動中、土石流災害によって消防団員3名が殉職されました。

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)

ページの先頭へ