中條まゆみさん(38才)介護士 静岡県静岡市消防団 清水地区本部/入団1年目

介護士という不規則で大変な仕事を持ちながら、消防団活動に参加し始めた中條さん。知らない人とでも、すぐ仲良くなれる性格で、自分から話にいってしまうタイプ、とご自身もおっしゃる通り、明るく前向きな姿勢が印象的でした。

不規則でハードな仕事だからこそ、やりがいを感じます。

普段はどんな生活を?

趣味は映画観賞で、月に2回は映画館へ足を運びます。でもやっぱり仕事が不規則なので、じっくり観たい時は自宅で楽しむことも多いですね。
介護施設で入居者の方の介助をするので、大変なことも多いですが、相手と気心が知れた関係になってくると楽しいですよ。

お仕事が不規則だと、消防団活動との両立が大変ですよね?

入団1年目の新人なので、今は月に2回程度の訓練に参加しているくらいなんですが、私を消防団に誘ってくれた同じ病院で働く先輩もいますし、両立が難しいということは全くないんじゃないかな?
無理の無い範囲で活動していこうと思っています。

仕事以外ではボーっとすることが多かった生活が消防団に入って変わった

消防団ではどんな活動を?

入団してまだ日が浅いので、今は規律訓練が多いですが、女性は広報活動などで力を発揮できると感じていて、春と秋の火災予防運動の時期には分団の消防車に乗って、火の取扱いや始末について予防広報で活躍したいです。

消防団に入って変わったことは?

不規則な仕事なので、普段仕事以外の時間はボーっとしてしまうことが多かったんです。でも消防団に入って、何もしない時間がもったいないと思うようになり、何かあればすぐ行動できるようになりました。行動力がついたことで、普段の生活にメリハリがつきました。
自分や家族を守るためのたくさんの知識も吸収でき、とてもやりがいを感じています。

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)

ページの先頭へ