橋本大介さん(34才)会社員 東京都丸の内消防団第2分団/入団5年目

浅草生まれで、三社祭を始め、大のお祭り好きだという橋本さん。短気な性格(笑)とご自身では言いつつも、丁寧な仕事ぶりや何事にも一生懸命な姿から上司の信頼も厚い、消防団員の熱い思いを聞いてきました。

仕事もプライベートもアクティブ!

休みの日は何をして過ごしていますか?

週イチで地域の子供達に剣道を教えていて、会社でも剣道会に参加しています。
社会人になってからは、営業職ということもあって、ゴルフを始めました。
これも週イチぐらいで練習場に行っていますが、長い棒をタテに振る剣道と違って、ヨコに振るゴルフは難しいですね。

普段のお仕事ぶりを教えてください。

不動産の賃貸営業をしているので、契約からビルの内装、雑用的なことまでなんでもやります。営業エリアの街全体の発展を願って仕事をしています。会社が消防団協力事業所でもあるので、テナントやオーナーの防災意識が上がるようコミュニケーションを取ったりもしますよ。

新聞や雑誌で見つけた火事の小さな記事でも気になるように

消防団ではどんな活動を?

一年で大きく3つのイベントがあります。1つは、年初の消防団初式。2つめは、ポンプを使った操法の審査会です。3つめは、丸の内・麹町・神田の3団合同点検です。これらの行事には業務がかさなっても必ず参加するようにしています。

消防団に入って変わったことは?

目の前で誰かが倒れていたら助けてあげなきゃ、何かあったら自分がやらなきゃいけない!という責任を感じるようになりました。また、身近な災害以外にも、新聞や雑誌で見つけた火事の小さな記事でも気になるようになりました。
消防団に入れば、いざとい時にきっと力になれる。消防をもっと身近に感じて欲しいです。少しでも誰かの役に立ちたいという気持ちがあったら、是非、お近くの消防団に問い合わせてみて欲しいですね。

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)

ページの先頭へ