稲城市消防団

涌田 恵一郎さん

先輩方に支えられて

消防団を通じて様々な方と出会えたことで、以前より積極的になり、視野が広がりました。
また、職場では味わえない貴重な経験を通じて、人間的に成長して強くなったと思います。

VOICE

地域に貢献したい

職場の先輩に誘われたのがきっかけです。子どもの頃から稲城市に住んでいるので、地元に何か貢献したいなと考えていたので、チャンスだと思い入団しました。稲城市では、消防署と連携し、現場で消火活動を行うことがあります。ですから、訓練は大変やりがいがありますし、いざ災害の時に自分や家族を守るための知識が身につくので、本当にためになります。

VOICE

家族からの応援

最初は妻が心配していました。でも、今では地域を守ってくれる頼もしい存在に映っているみたいで、活動を応援してくれています。
ポンプ操法大会に出場したときは、家族揃って見に来てくれて、子どもたちから「パパかっこいい」と言われました。嬉しかったですね(笑)。

VOICE

どんな活動を?

活動に必要な資器材の点検、基礎的な訓練から実践的な消防演習など、防災に必要な訓練を幅広く行っています。

VOICE

地域の方から「頑張ってね」

地域の方から感謝される時ですね。歳末特別警戒やお祭りの警備の時に、多くの方から「ご苦労様、頑張ってね」と言われると本当に励みになりますし、モチベーションが上がります。

VOICE

まちを守っていきましょう!

災害から、地域を守りたいという気持ちさえあれば、消防団に入る資格は十分です。あまり難しいことは考えず、一歩踏み出して入団してみませんか。自分たちで自分たちのまちを一緒に守っていきましょう。子どもにも「かっこいいって」言われますよ(笑)。


SPIRIT

いろいろなことにチャレンジしたい!

地域の防災訓練や、火災現場の消火活動のお手伝いなど、普段では味わえない経験ができます。 また、団員の方から現場の貴重なお話を聞くことができますし、いろいろ教えていただけるので、楽しく充実しています。

消防団を通じて多くの仲間ができました。消防団では、バーベキュー大会など家族慰安の行事があります。妻は結婚してから稲城市に移り住みました。最初は知らない人ばかりの土地だったのですが、今では消防団を通じて多くの友人ができており、地域との結びつきが強くなりました。 分団の詰所のシャッターには、「皆で守ろう あなたの矢野口」と書かれてます。これは、団員みんなで考えた地域の方々へのメッセージです。
様々な分野を学ぶことで、どんな現場にでも柔軟に対応できるようになりたいですね。

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)

ページの先頭へ