消防団メールマガジン(増刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2003/07/29

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.7
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
《 財団法人消防科学総合センター 編 》

■ 目次(2003/07/29)

●【お知らせ】「消防防災展示場」(仮称)のネーミング募集

●【あらまし】財団法人消防科学総合センターとは?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●【お知らせ】「消防防災展示場」(仮称)のネーミング募集

 全国の消防団メールマガジンの読者の皆様、こんにちは。私どもの財団法人
消防科学総合センターでは、昨年の4月から、消防防災のことなら何でもわか
る「消防防災博物館」をインターネット上で公開しています。皆様の中にも、
御覧いただいた方が大勢いらっしゃると思います。

<消防防災博物館>
http://www.bousaihaku.com/

 さて、当センターでは、その博物館の中に、消防庁を始め消防、防災関係機
関の御協力を得て、消防防災に関連する企業等が扱う機器、システム、グッズ
等、例えば消火器や備蓄用品などといったものを紹介する「消防防災展示場」
(仮称)を今年度中に開設する準備を進めております。

 そこで是非皆様に、この展示場に良い名前をつけていただけませんでしょう
か。何か良いアイデアがありましたら、9月末日までに次の募集・問い合わせ
先へ電子メールでお知らせください。また、この際、展示場も含めた大きな名
称に変更しようと考えておりますので、博物館全体の新名称についても募集し
ます。

 なお、名前を採用させていただいた方には、薄謝を進呈します。

<募集・問い合わせ先>
namae@isad.or.jp
<参考:現在の「消防防災博物館」の構成>
1号館:本館
2号館:消防防災専門館
3号館:交流にぎわい館

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
●【あらまし】財団法人消防科学総合センターとは?

 当センターは、災害、火災等に関する科学的調査研究及び情報処理の収集分
析並びに消防研修に関する調査研究等を行い、もって、防災及び消防に関する
諸制度、技術、施設、設備等の普及啓発に資するとともに国民財産を保護し、
社会公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。

 なお、消防団に関する事業ついては、地域住民の消防団活動への理解と協力
を促すとともに、特に青年層・女性層の消防団への参加促進を図ることを目的
として、消防庁の企画・立案のもと、消防団啓発ポスター及び消防団参加促進
リーフレットの作成・配布などを行っています。

<財団法人消防科学総合センター>
http://www.isad.or.jp/
<消防団啓発ポスター>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/sanka/sanka.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2003/07/29の本メールマガジン登録会員数は、1,853人です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。

<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。

<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
syobodan@fdma.go.jp
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■