消防団メールマガジン(増刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2003/09/12

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.11
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪石川県消防協会・福井県消防協会・富山県消防協会・長野県消防協会 編≫

 今号は、前号から引き続き、各地で行われた消防操法大会等の開催結果等に
ついて、各消防協会からの寄稿を掲載します。

■ 目次(2003/09/12)

●【開催結果】第51回石川県消防操法大会
●【開催結果】第52回福井県消防操法大会
●【開催結果】第54回富山県下消防団消防操法大会
●【開催結果】第45回長野県消防ポンプ操法大会
       第12回長野県消防ラッパ吹奏大会

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●【開催結果】第51回石川県消防操法大会

 去る7月25日、金沢市東蚊爪町(ひがしかづめちょう)の石川県消防学校
において、石井消防庁長官の御臨席をいただき、第51回石川県消防操法大会
が開催されました。

 当日は、天候にも恵まれ、県内12地区代表の18分団が、消防精神と日頃
の訓練の成果を遺憾なく発揮し、地元から駆けつけた大応援団の声援のもと、
迅速で確実な動作やチームワークを競いました。熱戦の末、津幡町消防団中条
分団が、3年ぶり2回目の優勝を果たしています。

 競技終了後、10月24日の全国女性消防操法大会に出場する予定の鹿西町
女性消防隊の皆さんが模範操法を披露し、大きな歓声を受けました。全国大会
に向けて厳しい訓練が続きますが、悔いのないよう、ぜひともがんばっていた
だきたいと思います。

 また、石川県では、競技に先立ち、消防団活動に協力している事業所に対し、
知事感謝状の贈呈を行いました。
 その他、大会の主な成績は以下のとおりです。

 優 勝  津幡町消防団中条分団
 準優勝  輪島市消防団輪島分団・能都町消防団三波分団
 敢闘賞  内灘町消防団第4分団 以下5分団

※ 津幡町消防団中条分団 部長 松本 智一 選手(指揮者)の話
「私たち中条分団は、昨年、百分の1秒差で県大会出場を逃していただけに、
今年は絶対に県大会に出場しようと、3月3日から練習が始まりました。
 練習中は、選手の交代やけがなど、様々な葛藤・問題もたくさんありました
が、分団全員がまとまり、見事、地区大会、県大会ともに優勝することができ、
本当に嬉しかったです。みんなで喜び合い、来年の全国大会出場に向けてまた
がんばろう、という意欲がわいてきました」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
●【開催結果】第52回福井県消防操法大会

 第52回福井県消防操法大会が、去る7月26日に福井市の福井県消防学校
で開催されました。県内9地区の代表チームが迅速な消防活動を展開するなど、
日頃の訓練の成果を披露しました。
 この大会は、県内消防団の消防操法技能の向上と士気の高揚を図ることを目
的として毎年開催されているもので、今回の大会には、ポンプ車操法の部と小
型ポンプ操法の部の2部門に約90人の消防団員が参加しました。

 前日まで降り続いた雨により雨天訓練場での開催となったため、多少勝手が
違ったこともあったようですが、参加した消防団員の皆さんは、指揮者の掛声
とともに、素早くホースを伸ばして火点に向けて放水。団員の見事な連携に、
会場からは大きな拍手が起こっていました。

 なお、9チームが出場したポンプ車操法の部では吉田地区消防組合上志比消
防団第3分団が、6チームが出場した小型ポンプ操法の部では鯖江・丹生消防
組合越前消防団第7分団が、それぞれ優勝しました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
●【開催結果】第54回富山県下消防団消防操法大会

 去る7月26日8時30分から、天候にも恵まれた中、第54回富山県下消
防団消防操法大会が富山市友杉の富山県消防学校において開催されました。

 富山県消防防災課の林課長の開会宣言の後、国旗掲揚、殉職消防職団員の冥
福を祈っての黙祷を行ない、続いて主催者の知事代理として富山県経営企画部
の齋田部長、富山県消防協会の上田会長の挨拶がありました。来賓の富山県議
会議長代理として富山県経営企画常任委員会の吉田委員長、富山県町村会の魚
津会長の祝辞を戴いた後、第16回全国女性消防操法大会に出場する小杉町金
山女性消防隊員の紹介と操法技術の披露を実施し、操法大会に入りました。

 県内18支部での予選を勝ち抜いた、計32チーム181人が出場しました。
 大型ポンプ車操法の部と小型ポンプ操法の部に分かれて、それぞれ日頃培っ
た訓練技術を真剣に競い合いました。

<成績結果>

(ポンプ車の部(参加21チーム))
 1位 福光町消防団第3分団
 2位 富山市消防団大広田分団
 3位 富山市消防団草島分団

(小型ポンプの部(参加11チーム))
 1位 高岡市南部消防団戸出第2分団
 2位 井波町消防団第2分団
 3位 福光消防団第4分団

 林課長の成績発表・講評に続いて表彰式を行ないました。
 富山県消防の発展を祈念して富山県消防協会の福島副会長の発声で万歳を唱
和し、同協会の河原副会長の閉会挨拶で操法大会を終了しました。

 福光町消防団長の談「福光町消防団がポンプ車の部優勝、小型ポンプの部3
位とアベックで入賞したことは、過去にない快挙であり、福光町消防団全体の
士気を高め、また、『郷土を守る』消防団としての、町民の期待をより一層高
めることになったと思う」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
●【開催結果】第45回長野県消防ポンプ操法大会
       第12回長野県消防ラッパ吹奏大会

 長野県と財団法人長野県消防協会の共催による、自治体消防55周年記念、
第45回長野県消防ポンプ操法大会・第12回長野県消防ラッパ吹奏大会が7
月27日、茅野市運動公園において、選手、関係者、応援者等約2,500人
が参加して盛大に開催されました。
 この大会は、消防団員の基本であるポンプ操法(第1部ポンプ車操法、第2
部小型ポンプ操法)、ラッパ吹奏の技術の向上と、団員の士気の高揚を目的に、
各地区の代表41チーム454名が出場、春先から訓練を重ねた腕を競いまし
た。
 午前8時10分からの開会式の後、午前9時から競技が始まり夏の太陽の下
スムーズに進行し午前中で全競技が終了。昼食時の審査会により順位が決定し
ました。

 第1部は、茅野市が10年ぶり通算5回目の優勝。
 第2部の上田市、ラッパ吹奏の中野市は、それぞれ2年ぶりの優勝となりま
した。

 閉会式は午後1時から開かれ、優勝3チームには賞状、優勝旗のほか自治体
消防55周年を記念して特別表彰としてクリスタルトロフィーが授与されまし
た。

<成績結果>
(第1部)優勝:茅野市、準優勝:箕輪町、第3位:信濃町
(第2部)優勝:上田市、準優勝:上山田町、第3位:辰野町
(ラッパ吹奏)優勝:中野市、準優勝:上田市、第3位:辰野町

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2003/09/12の本メールマガジン登録会員数は、1,980人です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。

<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。

<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
syobodan@fdma.go.jp
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■