消防団メールマガジン(増刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2003/11/06

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.15
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪消防団員等公務災害補償等共済基金 編≫

■ 目次(2003/11/06)

● 消防団員等公務災害補償等共済基金のあらまし
● 自家用車の損害に見舞金を!
  <緊急出動時の消防団員等に係る自動車等損害見舞金支給事業>
● 公務災害の防止に消防基金の研修事業の御活用を!
  <消防団員公務災害防止研修事業>
● 「シートベルト」整備を新規助成対象に!
  <消防団員安全装備品整備等助成事業>

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
● 消防団員等公務災害補償等共済基金のあらまし

 消防団員等公務災害補償等共済基金(以下「消防基金」という。)は、消防
団員などの公務災害補償や退職報償金の支給を的確に実施し、併せて公務災害
を受けた消防団員などの社会復帰の促進、被災団員やその家族を支援すること
を目的として、昭和31年11月20日に設立された特殊法人です(消防団員
等公務災害補償等責任共済等に関する法律)。

 消防団員・水防団員が公務で災害を受けたり、消防、救急などの作業に協力
した一般の人々が現場で被災した場合、市町村又は水害予防組合は損害を補償
する義務があります。また、消防団員が退職した場合には、市町村は退職報償
金を支給する責任があります。

 しかし、大災害が起こった場合や多くの退職者があった場合に、市町村が単
独で災害補償や退職報償を行うには、あまりにも負担が大きすぎます。
 そこで昭和31年に、市町村の支払責任を円滑に遂行するため、全国的な共
済制度として、消防基金がスタートしました。

≪消防基金についての詳細は次のアドレスへ≫
http://www.syouboukikin.jp/

≪消防基金についてのお問い合わせは次の電子メールへ≫
soumu@syouboukikin.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
● 自家用車の損害に見舞金を!
  <緊急出動時の消防団員等に係る自動車等損害見舞金支給事業>

(1)緊急出動時の車両損害に見舞金が支給されます。
 消防団員(水防団員)の皆さんが、火災・水災などの緊急時等に自家用車・
原動機付自転車で出動し、その車両に損害を受けた場合、見舞金が支給されま
す。

(2)見舞金は10万円を限度として支給されます。
 見舞金は、自家用車・原動機付自転車の損害の程度(修理費)に応じて、3
万円から10万円の範囲で支給されます。

(3)見舞金についてもっと知りたいときは…
 見舞金の詳細については、市町村役場・消防本部の消防団事務担当者にお問
い合わせください。

≪公務災害補償についての詳細は次のアドレスへ≫
http://www.syouboukikin.jp/~kikinsai/sai1_1.html

≪公務災害補償についてのお問い合わせは次の電子メールへ≫
saigai@syouboukikin.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
● 公務災害の防止に消防基金の研修事業の御活用を!
  <消防団員公務災害防止研修事業>

 消防基金では、消防団員の公務災害防止を推進するための研修として、
(1)消防団員安全管理セミナー
(2)S−KYT(消防活動危険予知訓練)研修
(3)健康づくりセミナー
を設け、これらの3事業を実施する関係都道府県、消防補償等組合、市町村、
消防団等に対し、助成金の交付など財政上の支援を行っています。

 これらの事業は、開催経費(講師謝金・会場借上費・昼食代)については原
則的に全額消防基金が助成すること及び土日の開催も可能であることから、消
防団の年間行事計画内の研修などに利用されています。

≪公務災害防止研修事業についての詳細は次のアドレスへ≫
http://www.syouboukikin.jp/~kikinkik/kik2_1.html

 これらの研修事業のうちS−KYT(消防活動危険予知訓練)研修及び健康
づくりセミナーについては、今からでも申し込まれれば今年度内の実施が可能
ですので、次の問合わせ先までお早めに御連絡をお願いいたします。

≪公務災害防止研修事業についてのお問い合わせは次の電子メールへ≫
kikaku@syouboukikin.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
● 「シートベルト」整備を新規助成対象に!
  <消防団員安全装備品整備等助成事業>

 平成14年度に消防自動車のキャビン外の補助シートを使用中の消防団員2
人が道路に投げだされ、被災(死亡・負傷)するという痛ましい公務災害事例
が発生しました。

 こうしたことを踏まえて、消防基金では、平成15年度から新規に安全確保
のためのシートベルトの整備に助成金(全額助成)を交付することとしました。

 その額については、シートベルトの取り付け工事を外注した場合その費用を
含み、1台当たり5万円を助成限度としています。

 消防基金は、重大災害の未然防止の観点から、このシートベルトの助成申請
に対しては、優先的に採択しています。

 シートベルトの装着で団員の生命を守りましょう!

≪安全装備品整備等助成事業についての詳細は次のアドレスへ≫
http://www.syouboukikin.jp/~kikinkik/kik3.html

≪安全装備品整備等助成事業についてのお問い合わせは次の電子メールへ≫
kikaku@syouboukikin.jp

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2003/11/06の本メールマガジン登録会員数は、2,064人です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。

<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。

<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
syobodan@fdma.go.jp
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■