消防団メールマガジン(増刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2003/11/07

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.17
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪新潟県消防協会・秋田県消防協会・大阪府消防協会 編≫

 Vol.16〜Vol.18では、各地で行われた消防操法大会等の開催結果等について、
各消防協会からの寄稿を掲載します。

■■ 目次 ■■

● 【開催結果】第54回新潟県消防大会ポンプ操法競技会
● 【開催結果】第40回秋田県消防操法大会
● 【開催結果】第47回大阪府消防大会並びに消防操法訓練大会

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
● 【開催結果】第54回新潟県消防大会ポンプ操法競技会

 去る8月24日、残暑の厳しい中、第54回新潟県消防大会ポンプ操法競技
会が新潟県及び財団法人新潟県消防協会の主催で湯沢町の湯沢中央公園陸上競
技場において開催されました。県内の予選会を勝ち抜いたポンプ車操法の部8
チーム、小型ポンプ操法の部17チームが来賓及び約2,000名の応援団の
見守る中、堂々入場行進を行い、大会実行委員総裁の平山新潟県知事の訓辞後、
直ちに熱戦の火蓋が切って落とされました。各チームは、鳴り物入りの応援を
背に受け、日頃の訓練成果を思う存分発揮するなど、次々と真剣勝負が繰り広
げられました。

 審査結果及び講評は、審査長である新潟県消防学校の白倉学校長から行われ、
ポンプ車操法の部では新潟市西消防団の2連覇となりました。指揮者の朝妻団
員からは「猛暑の中、応援団の声援、ラッパ隊の激励が緊張感をほぐし、勇気
を与えてくれた。来年の全国大会出場の目標に進んで行きたい」との力強い抱
負が聞かれました。

 小型ポンプ操法の部では優勝チームと第2位チームが同得点となり、大会審
査要領によりタイム差で長岡市消防団が優勝するという接戦でした。指揮者の
永村団員は「優勝は無理との下馬評に選手が発憤、各選手が弱点を克服して優
勝し、指導者、関係者を驚かせました」と、その感激を語ってくれました。同
消防団は消防庁長官表彰も併せて受賞し、全日程を無事終了したところです。
なお、入賞チームは次のとおりです。

≪成績結果≫
【ポンプ車操法の部】優勝:新潟市西消防団、第2位:中之島町消防団
【小型ポンプ操法の部】優勝:長岡市消防団、第2位:栃尾市消防団

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
● 【開催結果】第40回秋田県消防操法大会

 第40回秋田県消防操法大会が、去る8月26日秋田県消防学校放水訓練場
において開催され、県内の予選を勝ち抜いてきた17チームと推薦出場の婦人
消防隊1チームが参加し、日頃鍛えた操法技術を競い合いました。開会式には
11月20日東京ドームで開催される自治体消防55周年記念事業に県代表と
して分列行進する41名を先頭に出場チームが副知事並びに県消防協会会長の
観閲を受け、堂々の行進を行いました。この日は、前日まで降り続いた雨も上
がり絶好のコンディションとなり、会場には、団員、家族、住民など多くの
方々が参観し盛んに声援をおくるなど熱気みなぎる大会となりました。

 本県は、昨年の全国消防操法大会「ポンプ車操法の部」で大潟村消防団第3
分団が優勝するなど、どのチームも操法技術が高く、成績も拮抗するなど熱戦
が展開されました。特に、今年の全国女性消防操法大会に県代表として出場す
る山本町婦人消防隊の操法披露には、全国大会での活躍の期待が込められ、ひ
ときわ大きな拍手と激励の声援が送られました。

≪成績結果≫
【総合】優勝:本荘市由利郡支部、2位:鹿角支部
【小型ポンプ操法の部】優勝:山本町消防団、2位:田沢湖町消防団
【ポンプ車操法の部】優勝:小坂町消防団、2位:比内町消防団

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
● 【開催結果】第47回大阪府消防大会並びに消防操法訓練大会

 第47回大阪府消防大会並びに消防操法訓練大会は、消防団員の団体規律の
向上を図るとともに、消防技術を練磨し、士気の高揚を図り、もって消防体制
を強化することを目的に、去る9月7日大阪府と財団法人大阪府消防協会の共
催により、大東市の大阪府立消防学校において、府内の消防関係者など約
2,100名が参加し、盛大に開催されました。

 当日は天候にも恵まれ、9時に各消防団が入場行進し、観閲、国旗掲揚等の
後、主催者の大阪府太田知事と財団法人大阪府消防協会秋田会長から式辞並び
に訓示、来賓の消防庁長官(代理・東尾次長)、財団法人日本消防協会会長
(代理・高村部長)、大阪府議会森山議長、大阪府内市町村長を代表して岬町
の中出町長からそれぞれ祝辞があり消防大会を終了。

 9時56分より選手宣誓の後、消防操法訓練大会が開始され、ポンプ車操法
の部と小型ポンプ操法の部に府内7地区代表14消防団の選手が日頃の訓練の
成果を披露するとともに操法技術を競い合いました。各出場消防団の出番が終
わる毎に応援席から盛大な拍手が起こっていました。また、成績発表までの間、
アトラクションとして、はしご乗り演技(松原市消防団)が行われました。

 注目の成績発表の後、総合優勝の支部に表彰状と優勝旗、ポンプ車操法の部
及び小型ポンプ操法の部の優勝消防団に表彰状と優勝旗、優勝カップ、優勝盾
がそれぞれ授与されました。また、両種目の第2位と第3位の消防団に表彰状
とカップが、他の出場消防団にはカップがそれぞれ授与されました。

≪成績結果≫
【総合】優勝:南河内地区支部
【ポンプ車操法】優勝:羽曳野市消防団、2位:柏原市消防団
【小型ポンプ操法】優勝:熊取町消防団、2位:和泉市消防団

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2003/11/07の本メールマガジン登録会員数は、2,065人です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。

<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。

<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
syobodan@fdma.go.jp
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■