消防団メールマガジン(臨時号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2005/04/11

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.34  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■ 目次 ■■
●【お知らせ】
  「防災・危機管理e−カレッジ」に消防団員を対象としたコンテンツが追加
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【お知らせ】
  「防災・危機管理e−カレッジ」に消防団員を対象としたコンテンツが追加

  昨年2月から消防庁が実施している、インターネットで防災・危機管理につ
いて知ることのできる「防災・危機管理e−カレッジ」に、去る3月15日か
ら消防団の方を対象としたコンテンツが追加されました。
  礼式から操法、災害時の活動までと幅広い内容となっており、対象者ごとに
コースが設けられております。

1  基礎コース
    入団まもない消防団員の方を対象に、消防団員として必要な基礎的知識を
  学びます。

2  中級コース
    初級、中級幹部クラスの消防団員の方を対象に、団の管理等をする上で必
  要な知識・技術を学びます。

3  上級コース
    消防団幹部を対象に、消防団のトップとしての知識と心構えを学びます。
    2004年に、新潟県で発生した大水害で、三条市消防団の陣頭指揮を
  とられた、三条市消防団の小出信弘団長の体験談とお考えを伺います。

  是非、下記のアドレスからご体験ください。 
    http://www.e-college.fdma.go.jp

  e−カレッジに関するお問い合わせはこちら
  <消防庁・ご意見ご感想フォーム>
     http://www.fdma.go.jp/concern/question/question04.html#q07
     ※「防災について」を選択してお問い合わせください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2005/04/11の本メールマガジン登録会員数は、2,877人です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。

<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

  一般の方から地方公務員の方まで防災・危機管理について学習できます。
  次のアドレスまでどうぞ。

≪防災・危機管理e-カレッジ
  いつでも、どこでも、どなたでも無料で学べます。≫
http://www.e-college.fdma.go.jp/
  ※ 消防団に関するカリキュラムも充実しています。是非ご体験ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。

<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
syobodan@fdma.go.jp
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■