消防団メールマガジン(月刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2005/10/31  

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.42
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 目次  ■
●【消防団の現状と女性消防団員への期待】
●【女性消防分団の発足】   富山県南砺市女性消防分団の発足について
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●【消防団の現状と女性消防団員への期待】
 消防団は、地域防災体制の中核的存在として地域の安心・安全のため、大
きな役割を果たしていますが、近年の社会環境の変化等から、消防団員数の
減少等の様々な課題に直面しています。
  しかしながら、消防団員数が減少する一方で、女性消防団員数は年々増加
しています。
  地域に密着して生活し、地域コミュニティとの結びつきが強い女性の能力
が地域防災力の充実強化のために一層期待されるようになり、消防団の組織
の活性化及び地域のニーズに応える方策として、女性消防団員を採用しよう
という動きが全国的に広まっています。

<参考>
  女性消防団員数の推移については消防団のホームページを御覧ください。
  http://www.fdma.go.jp/syobodan/whats/data.html


●【女性消防分団の発足】   
 平成17年9月25日に富山県南砺市で女性消防分団が結成されました。
  その概要は次のとおりです。

1.採用の目的
    消防団の活動は、従来からの消火・警防活動のほか、防火指導や予防啓
  発等、多様化しており幅広い人材が求められるようになっており、女性の
  視点での気配りを大事にした予防活動の充実を目的として、採用を実施

2.構   成
  公募により採用された36人
  (分団長1人、副分団長1人、部長2人、班長4人、団員28人で構成)

3.活動内容
    下記の活動内容を予定しています。
    〇平常時    
   ・  応急手当普及員講習を受講し、普及員の資格を得た後に、応急手当
      講習会において受講者への指導と救護活動を担当
  ・ 防火防災に関する研修を受講し、専門的な知識を習得した後に、高
      齢者宅への暮らしの安心訪問や住宅防火査察を実施
  ・ その他各種行事に参加し、火災予防の普及啓発活動に従事
    〇災害時
    ・  通常の火災には出動せず、台風や地震といった大規模災害時には、
      情報収集や広報といった後方支援活動に従事


<富山県南砺市女性消防分団についての詳細はこちら>
結成式の様子や消防団長・女性消防分団長のコメントが御覧になれます。
http://www.city.nanto.toyama.jp/webapps/www/info/detail.jsp?id=1487


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2005/10/31の本メールマガジン登録会員数は3,003人です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。
<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

  一般の方から地方公務員の方まで防災について学習できます。
  次のアドレスまでどうぞ。
≪防災・危機管理e-カレッジ
  いつでも、どこでも、どなたでも無料で学べます。≫
http://www.e-college.fdma.go.jp/
  ※ 消防団に関するカリキュラムも充実しています。是非ご体験ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
消防庁ホームページの御意見・御感想フォームからお問い合わせください。
http://www.fdma.go.jp/concern/question/question04.html#q07
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■