消防団メールマガジン(臨時号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2006/6/21

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.49
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 目次 ■

【総務省消防庁】
●【消防団活動に協力していただいている事業所に表示する
                       マークのデザイン募集!!】

〜 事業所として消防団活動に協力することが
              社会貢献につながる環境づくりに向けて 〜
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●消防団は、平素は生業を持ちながら「自らの地域は自らで守る」という崇
高な郷土愛護の精神に基づきボランティア的な活動をしている地域住民で構
成され、地域住民の安心・安全を確保するためには、常備消防と同様に欠か
せない組織であり、各地域で重要な役割を担っています。
 しかしながら、年々、消防団員数が減少し、また、特に全消防団員の約7
割がサラリーマンやOLなどの被雇用者であることから、事業所の消防団活
動への一層の理解と協力を得ることが必要になっています。
 このような状況から、消防庁では、事業所として、勤務時間中の消防団活
動に対して便宜を図ったり、地域防災のために従業員の消防団への入団促進
を図っていることが、地域に対する社会貢献及び社会責任として広く知られ
て顕彰され、当該事業所の信頼性の向上につながるとともに、事業所の協力
を通じて地域の防災体制が一層充実される仕組みである「消防団協力事業所
表示制度」を構築したいと考えています。
 つきましては、この主旨を踏まえて消防団活動に協力していただいている
事業所に表示するマークを、広く募集し作成することといたしました。

《募集要領》

1 募集マークについて
  消防団活動に協力していただいている事業所に表示するマークです。
	
2 デザインについて
  本制度の主旨を的確に表現するデザインとします。
	
3 応募について
(1)応募資格
   どなたでも応募できます。
	  
(2)応募規定
  ア 応募作品は、未発表かつ本人が制作したオリジナル作品に限ります。
  イ 応募作品はA4サイズの用紙を縦にして使用し、用紙1枚に1作品
   としてください。
  ウ 応募作品はコンピューター使用でも手がきでも構いません。
  エ 使用する色の制限はありません。
  オ お一人で複数の作品を応募いただいても構いません。
  カ 応募作品の裏面に、応募者の氏名、郵便番号、住所、電話番号、年
   齢、職業、作品の天地を明記してください。なお、1通の封筒でまと
   めて応募される場合でも、すべての応募作品の裏面に応募者の氏名等
   必要事項を記入するようにしてください。
	  
  ※応募作品の裏面に記入していただきます個人情報は、マークの選考に
   係る連絡以外には使用いたしません。
	  
(3)応募方法
   応募は郵送に限ります。
	  
(4)応募締切
   平成18年8月11日(金)必着とします。
	  
(5)応募先(問合せ先)
   みずほ情報総研株式会社
   社会経済コンサルティング部(マーク募集担当)
   〒101-8443
   東京都千代田区神田錦町2-3
   TEL 03-5281-5404
   FAX 03-5281-5443
      e-mail rs07@gene.mizuho-ir.co.jp
	
(6)その他
  ア 応募された作品の著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)
   は、総務省消防庁に帰属するものとします。
  イ 応募された作品は、必要に応じ修正を加えることがあります。
  ウ 応募作品は一切返却しません。
	
(7)選考
   「消防団協力事業所表示制度」表示マーク審査委員会が審査を行い、
  最優秀1点を決定します。
	
(8)発表方法
   受賞者本人に直接通知するとともに、ホームページ等で公表します。
	  
(9)表彰等
   最優秀:表彰状及び副賞(20万円)
	  
(10)主催等
   主催:「消防団協力事業所表示制度」表示マーク審査委員会
   協賛:財団法人日本消防協会

〈消防団活動に協力していただいている事業所に
表示するマークのデザイン募集〉

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/180619-2/180619-2houdou.pdf

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2006/6/21の本メールマガジン登録会員数は 3,194人 です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
  消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。
<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

一般の方から地方公務員の方まで防災について学習できます。
次のアドレスまでどうぞ。
≪防災・危機管理e-カレッジ いつでも、どこでも、どなたでも無料で学べ
ます。≫
http://www.e-college.fdma.go.jp/
※ 消防団に関するカリキュラムも充実しています。是非ご体験ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
消防庁ホームページの御意見・御感想フォームからお問い合わせください。
http://www.fdma.go.jp/concern/question/question04.html#q07
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■