消防団メールマガジン(月刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2006/7/14      

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.50
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 目次  ■

●【消防団協力事業所表示制度に関する検討会の開催】

●【消防団協力事業所表示制度・
       表示マーク募集に係る審査委員長が松本零士先生に決定!!】

●【消防団メールマガジンをご愛読いただいております皆様へ】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●【消防団協力事業所表示制度に関する検討会の開催】

 消防庁では、平成17年度に設置した「消防団と事業所の協力体制に関する
調査検討会」における提言を踏まえて、事業所として消防団活動に協力するこ
とが、その地域に対する社会貢献及び社会責任として認められ、当該事業所の
信頼性の向上につながるとともに、協力を通じて地域における防災体制がより
一層充実するための仕組みである『消防団協力事業所表示制度(以下「表示制
度」という。)』を構築するため、『消防団協力事業所表示制度に関する検討
会(以下「検討会」という。)』を庁内に設置しました。
この検討会では、
○ 表示制度の全体的な仕組み
○ 表示制度の効果的な普及策
○ 表示制度に係るインセンティブ
などについて検討することとしており、平成18年6月14日(水)に第1回
検討会を開催しました。委員は、消防団、消防本部をはじめ、市町村、経済団
体、民間企業等の関係者の方々で、それぞれの分野・専門的立場から活発な意
見が出されました。今後、更なる検討を重ね、具体的な運用方法を決定し、今
年度中の制度運用開始を予定しております。
 表示制度は、消防団員の被雇用化率が約7割となってきた現状に鑑み、事業
所との協力体制を構築し、消防団の活動環境の改善を図ることによって、地域
の安心・安全が推進されることを目的としておりますので、消防庁では多くの
市町村にこの趣旨をご理解いただき、導入していただくことを期待しておりま
す。

【消防団協力事業所表示制度に関する検討会委員(50音順、敬称略)】
座 長   小 林 恭 一   総務省消防庁 国民保護・防災部長
委 員  伊 藤 新 一   成田市消防本部 総務課長
委 員  井 上 好 幸    姫路市消防局 次長
委 員  植 木 一 之   財団法人日本消防協会 業務部長
委 員  海 老 原 邦 雄      全国消防長会 総務部長
委 員  岡 本 桂 成   松山市消防局 総務課主幹
委 員  河 合  毅    日本商工会議所 企画調査部 主任調査役
委 員   北 原 慶 一 郎   船橋市消防局 警防課長
委 員  篠 崎   充        社団法人日本経済団体連合会
               社会第二本部 企業倫理グループ長兼企業・社
               会グループ副長
委 員   島 田  勉    三鷹市 総務部 防災課長
委 員  鈴 木 喜 男   トヨタ自動車株式会社 東京総務部 企画サ
               ービス室長
委 員  須 藤 國 夫   東京消防庁 防災部 消防団課長
委 員  園 田 健 次   全国市長会 行政部長
委 員  平 山  優    全国町村会 行政部長
委 員   不  破 幸  夫   金沢市消防団連合会 会長
委 員   堀    格        日本電気株式会社  事業支援部 リスク管理
               エキスパート
委 員  山 本  敏 明   北九州市消防局 警防部 警防課長


●【消防団協力事業所表示制度・
            表示マーク募集に係る審査委員長が松本零士先生に決定!!】

 現在、消防庁では、消防団活動に協力していただいている事業所に表示する
マークのデザインを募集しておりますが、皆様にご応募いただきました作品を
選考する審査委員会の委員長が、「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」で
知られる漫画家の松本零士先生に決定しました。
 松本先生には、執筆活動などご多忙にも拘らず、今回の審査委員長就任につ
きましてご快諾いただきました。
 皆様、奮ってご応募くださいますようお願いします。

○表示マークの募集
 応募締切 平成18年8月11日(金)
 応募規定等詳細は、消防庁のホームページをご覧いただくか、下記までお問
い合わせください。

【消防団協力事業所表示制度・表示マーク募集案内】
 http://www.fdma.go.jp/syobodan/boshuu/180630-1tirasi.pdf

【表示マークの応募に関するお問い合わせ】
 みずほ情報総研株式会社 社会経済コンサルティング部(マーク募集担当)
 〒101-8443
 東京都千代田区神田錦町2-3
 TEL 03-5281-5404
 FAX 03-5281-5443
 e-mail rs07@gene.mizuho-ir.co.jp


●【消防団メールマガジンをご愛読いただいております皆様へ】
 
 いつも消防団メールマガジンをご愛読いただきましてありがとうございます。
 総務省消防庁が発行しております消防団メールマガジンも、本号にて第50
号を迎えることができました。これも日頃よりメールマガジンをご愛読いただ
いております皆様のおかげです。本当にありがとうございます。
 今後も消防団に関する様々な情報をお知らせしますとともに、引き続き皆様
にご愛読いただけるよう心掛けて参りたいと思っておりますので、どうぞよろ
しくお願いします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2006/7/14 の本メールマガジン登録会員数は 3,202人 です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。
<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

  一般の方から地方公務員の方まで防災について学習できます。
  次のアドレスまでどうぞ。
≪防災・危機管理e-カレッジ  いつでも、どこでも、どなたでも無料で学べ
ます。≫
http://www.e-college.fdma.go.jp/
  ※ 消防団に関するカリキュラムも充実しています。是非ご体験ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
消防庁ホームページの御意見・御感想フォームからお問い合わせください。
http://www.fdma.go.jp/concern/question/question04.html#q07
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■