消防団メールマガジン(月刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2006/10/10     

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.52 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 目次  ■

●【第1回消防団機能向上のための総合戦略検討小委員会を開催】

●【消防団協力事業所表示制度「表示マーク審査委員会」を開催】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●【第1回消防団機能向上のための総合戦略検討小委員会を開催】
 平成18年9月13日(水)に第1回消防団機能向上のための総合戦略検討
小委員会を開催しました。この小委員会は、今年6月に開催された消防審議会
において、消防団に関する様々な課題について、集中的に検討するために設置
することが決定されたものです。委員は、消防審議会委員から秋本敏文小委員
長を含め5名、専門委員として消防防災関係者及び学識経験者の6名により構
成されています。第1回目は、消防団の現況と課題や、これまで消防庁が行っ
てきた消防団に関する様々な取組み等について報告があり、消防団への企業の
協力や地域が消防団に期待する役割等について活発な意見交換がなされました。	 

《議事》
・小委員会の目的、スケジュール等について
・消防団の現況と課題
・これまでの調査検討会の検討事項、提言を受けての施策状況等について
・消防団の組織としての将来像、望まれる姿、方向性等に関する検討について
 等

《小委員会構成委員》(50音順、敬称略)
小委員長 秋本 敏文  財団法人日本消防協会理事長
委  員 上田 信雅  富山県消防協会会長
     小川 和久  株式会社危機管理総合研究所 代表取締役研究所長
     重川 希志依 富士常葉大学環境防災学部教授
     関口 和重  全国消防長会会長(東京消防庁消防総監)
専門委員 斎藤  仁  社団法人日本経済団体連合会 社会第二本部長
     斎藤  博  所沢市長・全国市長会行政部行政委員長
     鶴岡 憲一  読売新聞東京本社編集委員
     中島 芳昭  日本商工会議所理事・事務局長
     永坂 幸子  愛知県婦人消防クラブ連絡協議会会長
     山★  登  NHK解説委員

※★は、「崎」の「大」が「立」の下線なし

《報道発表資料》
○「消防団機能向上のための総合戦略検討小委員会」の発足
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/180911/180911houdou-3.pdf


●【消防団協力事業所表示制度「表示マーク審査委員会」を開催】
 地域防災の中核的存在である消防団ですが、年々、団員数が減少し、また、特
に全消防団員の約7割が被雇用者であることから、事業所の消防団活動への一層
の理解と協力を得ることが必要になっています。
 このような状況から、消防庁では、事業所として、勤務時間中の消防団活動に
対して便宜を図ったり、地域防災のために従業員の消防団への入団促進を図って
いることが、地域に対する社会貢献及び社会責任として広く知られて顕彰され、
当該事業所の信頼性の向上につながるとともに、事業所の協力を通じて地域の防
災体制が一層充実される仕組みである「消防団協力事業所表示制度」を構築する
ため、今年度、検討会を開催し、運用方法等の検討を進めております。
 これに併せ、この制度において消防団活動に協力をいただいている事業所に表
示するマークを広く募集しておりましたが、全国の皆様から768作品にも及ぶ
たくさんのご応募をいただきました。
 このご応募をいただいた作品の審査を行うため、平成18年9月21日(木)
に、「消防団協力事業所表示制度」表示マーク審査委員会を開催しました。
 たくさんの素晴らしい作品の中から最優秀作品1点を選ぶことは、困難を極め
ましたが、松本零士審査委員長を中心に、消防団と事業所の協力を表現し、品格
のある作品を選んでおります。
 今後は、類似・模倣作品の確認を行い、10月下旬以降に最優秀作品1点を発
表する予定です。

《「消防団協力事業所表示制度」表示マーク審査委員》(敬称略・50音順)
委員長 松本 零士  漫画家
委 員 秋本 敏文  財団法人日本消防協会理事長
    加藤 久明  デザイナー 日本デザイン学会名誉会員
    小出 由美子 株式会社NHKエデュケーショナル美術教養部部長
    水前寺 清子 歌手 消防応援団世話人
    中島 芳昭  日本商工会議所理事・事務局長

《応募作品》
 作品数:768作品
 募集期間:平成18年6月19日(月)〜平成18年8月11日(金)

《報道発表資料》
○「消防団協力事業所表示制度」表示マーク審査委員会の開催
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/180915/180915houdou.pdf


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2006/10/10 の本メールマガジン登録会員数は  3,274  人 です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。
<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

  一般の方から地方公務員の方まで防災について学習できます。
  次のアドレスまでどうぞ。
≪防災・危機管理e-カレッジ  いつでも、どこでも、どなたでも無料で学べ
ます。≫
http://www.e-college.fdma.go.jp/
  ※ 消防団に関するカリキュラムも充実しています。是非ご体験ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
消防庁ホームページの御意見・御感想フォームからお問い合わせください。
http://www.fdma.go.jp/concern/question/question04.html#q07
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■