消防団メールマガジン(月刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2007/9/20  

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.58
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 目次  ■

●【消防団員確保の更なる推進について(消防庁長官通知)】

●【劇団ふるさときゃらばん「自身カミナリ火事オヤジ」公演日程】

●【10月1日から緊急地震速報の一般への提供を開始します】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●【消防団員確保の更なる推進について(消防庁長官通知)】
 
 地域の実情に精通した消防団は、地域密着性、要因動員力及び即時対応力の
面でも優れた組織であり、大規模災害時の対応や身近な災害への取り組み等地
域の安心・安全の確保のうえで不可欠な組織であります。
 しかしながら、消防団員数は年々減少の一途を辿り、この減少に歯止めをか
けるとともに消防団員確保についてより一層喚起するため、全国的な運動を展
開して参りましたが、消防団員数の減少を抑えることができず、平成19年4
月1日現在の全国消防団員数が、89万2,943人(速報値)と90万人を
割るという厳しい状況にあります。
 これ以上減少傾向が続くと地域の安心・安全を確保するうえで、多大な支障
をもたらす事になるなど大変憂慮される状況にあり、平成19年8月29日付
けで「消防団員確保の更なる推進について」の消防庁長官通知を発出し、特に
公務員・特殊法人等公務員に準ずる職員、女性、学生等の入団促進、事業所と
の協力体制の推進をさらに進めているところです。



●【劇団ふるさときゃらばん「自身カミナリ火事オヤジ」公演日程】

 「劇団ふるさときゃらばん」は「人が住み、暮らしているところなら、どこ
でも人々の集いができ、公演活動ができる」をコンセプトに、全国各地での上
演活動を行うミュージカルカンパニーとして1983年に創設されました。
 そして、地域で活躍する消防団の姿や、それを取り巻く家族やコミュニティ
を描いたミュージカル「地震カミナリ火事オヤジ」が下記のとおり公演予定で
ありますので、お知らせいたします。
 10月 1日(月)  唐津市(佐賀)相知天徳の丘 運動公園社会体育館
     2日(火)  唐津市(佐賀)唐津市肥前体育館
     3日(水)  唐津市(佐賀)唐津市民会館
     4日(木)  久留米市(福岡)久留米市民会館
     6日(金)  宇和島市(愛媛)南予文化会館
     8日(金祝) 四日市市(三重)四日市市文化会館
    11日(木)  豊橋市(愛知)愛知県豊橋勤労福祉会館
                  (アイプラザ豊橋)
    12日(金)  豊川市(愛知)豊川市文化会館
    14日(日)  新城市(愛知)新城文化会館 大ホール
    15日(月)  名古屋市(愛知)名古屋市青少年文化センター
                   アートピアホール
    21日(日)  中津川市(岐阜)中津川文化会館
    27日(土)  三田市(兵庫)三田市総合文化センター 大ホール
                  (愛称:郷の音ホール)
    30日(火)  丹波市(兵庫)丹波の森公苑ホール

  なお、上記公演日程の詳しいお問い合わせは下記のとおりです。
 (本部事務所)東京都小金井市本町6−5−3
    電話042−381−6721
    http://www.furucara.com/



●【10月1日から緊急地震速報の一般への提供を開始します】

 緊急地震速報は、震源に近い観測点で得られた地震波を使って、直ちに震源、
地震の規模及び各地の震度などを推定し、地震発生から数秒程度ですばやく情
報を提供するものであり、地震の大きな揺れが始まる前の防災対応に役立てて
いただくことを目的としています。
 本年10月1日から一般の方々への情報提供を開始します。

なお、緊急地震速報の詳細は、下記のアドレスからどうぞ。
<緊急地震速報について>
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/index.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2007/9/20 の本メールマガジン登録会員数は 3,492人 です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 当分の間メールマガジンを発行できませんでしたこと誠に申し訳ございませ
んでした。今後も消防団に関する情報を定期的に発行してまいりたいと思いま
すので、よろしくお願いいたします。
 
 
 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。
<総務省消防庁>
http://www.fdma.go.jp/

  一般の方から地方公務員の方まで防災について学習できます。
  次のアドレスまでどうぞ。
≪防災・危機管理e-カレッジ  いつでも、どこでも、どなたでも無料で学べ
ます。≫
http://www.e-college.fdma.go.jp/
  ※ 消防団に関するカリキュラムも充実しています。是非ご体験ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
消防庁ホームページの御意見・御感想フォームからお問い合わせください。
http://www.fdma.go.jp/concern/question/question04.html#q07
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■