消防団メールマガジン(月刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2008/4/25

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.62
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 目次  ■

●【 消防団国際会議の開催について 】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●【 消防団国際会議の開催について 】

 総務省消防庁と(財)日本消防協会は、自治体消防制度60周年記念事業とし
て、全国知事会、全国市長会、全国町村会、全国消防長会等関係団体等との共
催で、消防団国際会議を世界で初めて日本で開催します。
 我が国においては、「自らの地域は自ら守る」という郷土愛護の精神に支え
られた消防団の役割が益々重要になっていますが、消防団員は年々減少し、昨
年には90万人を割り込んでしまう状況となっています。
 安心・安全の確保は、我が国のみならず、世界の共通の願いであり、義勇消
防(我が国の消防団制度)は、世界各国の地域防災対策において重要な役割を
果たしています。しかしながら、義勇消防については、各国において、団員の
確保や企業との関係等の共通の課題を抱えています。
 こうしたことから、今回、世界主要国の消防団の代表が参加し、消防団の当
面する課題や大規模自然災害、テロ対策における消防の役割等について、「地
域を守る 世界の消防団 〜語ろう 消防の未来〜」とのキャッチフレーズを
掲げ、議論することとしました。
 このことは、我が国のみならず、世界の消防団、消防の発展に大きく寄与す
るものと考えています。

                  記

1 参加国
  (1)アメリカ(2)カナダ(3)ドイツ(4)イギリス(5)スイス(6)フィンランド
   (7)オランダ(8)オーストリア(9)オーストラリア(10)ニュージーランド
   (11)中国(12)日本  

2 会議の内容
  第1日 平成20年5月14日(水)13時から16時40分
   テーマ:各国の消防団が当面する課題について討論
   構 成:主催者挨拶(片山虎之助(財)日本消防協会会長)
       総務大臣、防災担当大臣 来賓挨拶
       各国代表者より各国の義勇消防(消防団)の現況
       課題等発表(7分×12カ国)
       義勇消防(消防団)に関する課題、今後の方向性等議論、集約
        
  第2日 平成20年5月15日(木)9時30分から12時
   テーマ:大規模自然災害やテロ事件における消防の対応のあり方
   構 成:テーマに関する特別講演:(25分×3名)
        総務省消防庁長官
        アメリカFEMA(連邦危機管理庁)連邦消防局長
        CTIF(国際消防救助協会:欧州を中心とする消防連合組
        織)総裁
       大規模自然災害対策等について議論、集約
       義勇消防(消防団)に関する共同宣言採択(予定)

3 実施場所 都市センターホテル コスモスホール
             (東京都千代田区平河町2-4-1)

4 会議参加者等
  参加国義勇消防代表者、消防団関係者、一般参加者等400名程度
  (日・英同時通訳付き)

 ※ 会議の一般参加者をホームページ上で募集しています。
   (5月6日(火)まで)
   http://www.nissho.or.jp/ivfc.html 「消防団国際会議」で検索願い
   ます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2008/4/25 の本メールマガジン登録会員数は 3,805 人 です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。
<総務省消防庁>
 http://www.fdma.go.jp/

  一般の方から地方公務員の方まで防災について学習できます。
  次のアドレスまでどうぞ。
≪防災・危機管理e-カレッジ  いつでも、どこでも、どなたでも無料で学べ
ます。≫
http://www.e-college.fdma.go.jp/
  ※ 消防団に関するカリキュラムも充実しています。是非ご体験ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
消防庁ホームページの御意見・御感想フォームからお問い合わせください。
http://www.fdma.go.jp/concern/question/question04.html#q07
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■