消防団メールマガジン(月刊号)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2008/9/12   

★☆ 消防団メールマガジン ☆★  Vol.65
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 目次  ■

●【 消防団員確保の更なる推進について 】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●【 消防団員確保の更なる推進について 】

 消防団員の減少に歯止めを掛けるため、これまでも、「消防団員確保の更な
る推進について」(平成18 年7 月14 日付け消防災第275 号及び平成19 年8月
29 日付け消防災第315 号)を発出し、消防団員確保のための全国的な運動を
展開して参りましたが、消防団員は依然として減少を続け、89 万人を割るとい
う厳しい状況にあります。
 一方で、全市町村の約3割にあたる534 団体では前年度に比べ消防団員が増加
しており、特に女性消防団員は全国で約1,200 人増加するなど、各地域におい
て地域防災の要である消防団員の確保のため、積極的な取組が展開されており
ます。
 地域の実情に精通した消防団は、地域密着性、要員動員力及び即時対応力の
面でも優れた組織であり、大規模災害時の対応や身近な災害への取組等地域の
安心・安全の確保のうえで不可欠な組織であります。
 そのため、消防団の重要性を改めて認識し、地域の防災力の向上を優先課題
として取り組んでいただくよう各都道府県知事及び各市町村長(指定都市市長
を除く市町村長へは都道府県知事を経由)に対し、消防庁長官から改めて通知
を発出いたしました。

                 記

(各都道府県知事等への通知の主な概要)
  1 消防団員確保のための市町村長等の基本方針について
  2 事業所との協力体制の推進
  3 女性の入団促進の推進
  4 大学生等の入団促進の推進
  5 公務員等の入団促進の推進
  6 入団促進キャンペーンの全国展開
  7 その他
   ア 平成20 年4 月1 日現在の消防団員数(速報値)
   イ 消防団員の確保に効果をあげた市町村の主な取組事例
   ウ 消防団員確保アドバイザー派遣制度の積極的活用
   エ 条例定数と実員数の乖離解消時の報告

※次のアドレスから詳細が閲覧できます。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/2009/200908-2houdou.pdf


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2008/9/12 の本メールマガジン登録会員数は 3,903 人 です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
 消防・防災全般に関する情報は総務省消防庁のホームページが詳しいので、
次のアドレスからどうぞ。
<総務省消防庁>
 http://www.fdma.go.jp/

  一般の方から地方公務員の方まで防災について学習できます。
  次のアドレスまでどうぞ。
≪防災・危機管理e-カレッジ  いつでも、どこでも、どなたでも無料で学べ
ます。≫
http://www.e-college.fdma.go.jp/
  ※ 消防団に関するカリキュラムも充実しています。是非ご体験ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[消防団メールマガジン]

 配信に関する手続き、御意見などは次のホームページ・電子メールからお願
いします。
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/magazine/
<御意見・御感想・お問い合わせ>
消防庁ホームページの御意見・御感想フォームからお問い合わせください。
http://www.fdma.go.jp/concern/question/question04.html#q07
<消防団ホームページ>
http://www.fdma.go.jp/syobodan/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■