データベース

早め早めの避難を行うために

自然災害に対しては、自らの判断で避難行動をとることが原則です。お住まいの市町村は、災害が発生する危険性が高まった場合に、起こりうる災害種別に対応した区域を示して避難勧告等を発令します。自宅や学校・職場等にはそのような危険があるのか、お住まいの市町村が指定している避難場所はどこなのか等について、あらかじめ確認・認識しておき、いざという時の避難行動について考えておきましょう。

ステップ1 自宅や学校・職場には、どのような危険があるのか確認しましょう。

・お住まいの市町村が作成しているハザードマップや地域防災計画を見て、河川が氾濫した場合には何m浸水してしまうのか、土砂災害が起こりやすい場所ではないか等、自宅や学校・職場等のよく立ち入る場所には、どのような危険があるのか確認しましょう。

・お住まいの市町村が指定している避難場所※1を確認し、そこまでの経路や移動手段について計画しておきましょう。

※1 災害種別ごとに異なりますので、ご注意ください。

ステップ2 お住まいの市町村から発令される避難情報について確認しましょう。

  • 避難情報の入手方法を確認しておきましょう
    _ 防災無線や自治体のウエブサイト 等
  • お住まいの市町村から発令される避難情報には、以下のものがあります※2 。

※2 必ずしも、この順番で発令されるとは限らないので、ご注意ください。また、これらの情報が発令されていなくても、身の危険を感じる場合は避難を開始してください。

ステップ3 もしもの時に備えて考えておきましょう。

  • 例えば、以下のような状況も考えられることから、緊急的な対応について、事前に考えておきましょう。
    例1:大雨等により、避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くのより安全と思われる建物(最上階が浸水しない建物、川沿いでない建物等)に移動しましょう。
    例2:外出すら危険と思われる場合は、建物内のより安全と思われる部屋(上層階の部屋、山からできるだけ離れた部屋)に移動しましょう。

以下のガイドラインや資料等をご活用ください。

  • 避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン(平成27年度)

    本ガイドラインでは、各市町村が避難勧告等の発令基準や伝達方法を検討するに当たって、最低限考えておくべき事項を示しております。より高度又は柔軟に運用できる体制を有している市町村においては、本ガイドラインの記載に必ずしもしばられるものではありませんが、避難勧告等の発令基準や伝達方法を検討する際にご活用 ください。

  • 【一般住民向け】避難促進用のパンフレット(雛形)

    各市町村は、災害のおそれがある各段階で、住民が自ら避難行動の判断ができるように、避難行動の原則等について平時から住民に周知しておくことが重要です。そこで、周知手段の一つとして、適時適切な避難行動をとってもらえるように解説した簡易なパンフレットの雛形を作成しましたのでご活用ください。

関連リンク

全国災害伝承情報
全国災害伝承情報  有史以来、全国で発生した災害は各地に多大な被害をもたらし、それらの災害の教訓は各地域において記録としてあるもの、図画として残されているもの、あるいは物語、ことわざとして伝承されているものなどがあります。  そのような災害にまつわる資料や情報は、これまで国として整理されず今日にいた...
生活密着情報
生活密着情報 地震などの災害に備えて 「家具が倒れると逃げ道まで塞がれて恐いね」 兵庫県南部地震の概要(気象庁発表) 発生年月日 平成7年(1995年) 1月17日(火) 5時46分 地震名 平成7年(1995年) 兵庫県南部地震 震央地名 淡路島(北緯34度36分、東経135度02分) 震源の深さ...
集中豪雨への備え
集中豪雨への備え ...
地震などの災害に備えて - 震災対策DVDビデオシリーズ『津波から生き延びるために-知る・行動する-』
地震などの災害に備えて 震災対策DVDビデオシリーズ 平成22年度 防災学習DVDビデオ『津波から生き延びるために-知る・行動する-』 【 ブロードバンド 】 【 ナローバンド 】 ...