13.気道異物除去の方法

・気道異物の除去については、傷病者に反応がある場合には、腹部突き上げ法や背部叩打法を実施します。
 腹部突き上げ法は、まず傷病者を後ろから抱えるように腕を回します。
 片手で握りこぶしを作り、その親指側を傷病者のへそより上で、みぞおちの十分下方に当てます。
 その手をもう一方の手で包むように握り、すばやく手前上方に向かって圧迫するように突き上げます。
 背部叩打法は、手の付け根で肩甲骨の間を力強く、何度も連続してたたきます。

・反応がなくなった場合は、心肺蘇生の手順を開始します。
 助けを呼ぶことや119番通報がまだ済んでいない場合には、ただちに助けを呼び、119番通報を実施し、AEDを手配します。