2-7.消火器 消火器がないとき

消火器が無い場合、鍋の蓋があれば、それを被せて消火します。火傷に注意するため手などをタオルで保護して被せます。 その後、ガスの栓を締めます。

これは、シーツを使った消火です。シーツは、濡らしてゆるく絞り、手前から手を隠しながら覆うように被せます。
その後、ガスの栓を締めます。

水をかけるのは絶対にやめましょう。油が飛び散り火炎が広がり、火傷の恐れもあります。