救命手当(包帯法)
17.固定ほう帯法・足関節部

固定ほう帯法、足関節部
 8つ折りたたみ三角巾の中央部を足底にあて、両端を足関節の後方に引き上げて交差させます。
 ついで両端を足の甲の方にまわし、足首の関節部分で交差させ、両方の先端をかかとに斜めに巻いた三角巾の下を通します。
 両端をもう一度足関節の前方に引き締めながら結びます。

続きを読む