わが家の耐震性チェック
理解度チェック

  • Q1.阪神・淡路大震災では、建物倒壊による死者より地震後に発生した火災による死者の方が多かった。
  • Q2.耐震診断や耐震改修をする場合は費用がかかるので、助成制度があるかどうか市役所の建築窓口に相談した。
  • Q3.しっかりした大工さんに建ててもらった住宅なら古いものでも大丈夫。
  • Q4.建物の形はできるだけ複雑の方が地震に対して強い。
  • Q5.昭和60年に建てた新耐震基準による2階建ての住宅だが1階に駐車場があるので、念のため信頼できる工務店に耐震診断を依頼した。
  • Q6.柱と梁が接合している部分や筋交いとの接合部分をしっかりと金物で補強したのでもう大丈夫。
  • Q7.壁をバランスよく配置するために、採光を犠牲にして南面の窓を小さくした。
  • Q8. 耐震診断した結果は安全と判定されたが、家具の配置や固定を考えて実行した。