損害保険
理解度チェック

  • Q1.火災保険では、建物と家財はそれぞれ別々に契約金額を設定する必要がある。
  • Q2.現在所有の物と同等の物を新たに建築・購入するのに必要な金額のことを時価という。
  • Q3.保険のしくみにおいて、ふだんから多くの人々が少しずつお金を出し合って、その中の誰かが事故や災害で損害を被ったときに、出し合ったお金で補償することを「大数の法則」という。
  • Q4.火災保険では、風災・ひょう災・雪災による損害は補償の対象とならない。
  • Q5.火災保険に入っていれば、地震による火災で被害を受けても安心である。
  • Q6.自宅が隣家からのもらい火で火事になったら、隣家に損害賠償請求することができる。
  • Q7.地震保険の保険料率は、全国一律である。
  • Q8. 地震保険は、単独で契約することができる。
  • Q9. 地震保険の補償の対象になるのは、工場、居住用の建物である。
  • Q10. 自宅に放火したり、わざと車を壁にぶつけた場合など「偶然でない事故」による損害は、保険金支払いの対象とはならない。