119番通報
理解度チェック

  • Q1.119番通報においては、緊急を要するので、火事・救急の別、住所、氏名、電話番号をとにかく急いで告げる。
  • Q2.119番通報では、火災現場(または救急現場)付近の目標(目印となる大きな建物、多くの人が利用する場所、公共の建物など)を伝えることができれば十分であり、住所を伝える必要はない。
  • Q3.「緊急通報ボタン(赤色のボタン)」がある公衆電話からの119番通報では、受話器を上げ、緊急通報ボタンを押してから119をダイヤルする。img_01.gif
  • Q4.ICカード公衆電話機やディジタル公衆電話機からの119番通報では、コインやICテレホンカード、磁気テレホンカードがなくても119番通報できる。img_02.gif
  • Q5.公衆電話からの119番通報は無料である。
  • Q6.携帯電話からの119番通報の場合は、市外局番は必要ない。
  • Q7.携帯電話からの119番通報の場合は、都道府県名から伝えることが必要となる場合がある。
  • Q8.携帯電話からの119番通報では、その火災現場(または救急現場)を管かつする消防本部に必ずしもつながるわけではない。
  • Q9.携帯電話からの通報の場合は、かけている電話の番号を伝える必要はない。
  • Q10.携帯電話から119番通報した後は、しばらくの間は電源を切らずに、現場の近くの安全な場所にいる。