避難
理解度チェック

  • Q1.避難に当たっては、ぎりぎりまで危険を見極めることが最も大切である。
  • Q2.避難方法の原則は「徒歩」である。
  • Q3.津波の水が一度引いたので忘れ物を取りに戻った。
  • Q4.冠水していたので、長い棒を杖代わりにして避難した。
  • Q5.土砂災害での最初の避難のタイミングは、異常な音などの前兆現象に気づいたときである。
  • Q6.気象庁が高潮警報を発表したときは、避難について十分に考える必要がある。
  • Q7.高層ホテルの上層に泊まっていて火災にあった場合、エレベーターで避難する方が安全である。