災害時の電話の使用
理解度チェック

  • Q1. 地震など災害が発生すると、安否確認、お見舞いなどの電話が急激に増加し、被災地へ向けた電話はつながりにくい状況になる。
  • Q2. 地震などで、家族や親戚、友人などへの安否確認の電話をするが、なかなかつながらない場合は、つながるまで電話を掛けつづける。
  • Q3. 災害時は公衆電話よりも一般電話の方がつながりやすい。
  • Q4. ふくそう(輻輳)が発生すると、通話量の制御などを行ない、警察や消防機関などの重要通信を確保する。
  • Q5. 大規模災害時における安否情報の連絡には「災害用伝言ダイヤル」や「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」及び「iモード災害用伝言板」の活用が効果的である。
  • Q6. 災害時は、一般固定電話と同様に携帯電話もつながりにくくなる。