災害時のボランティア活動の意義と役割
理解度チェック

  • Q1.阪神・淡路大震災では、延べ約10万人のボランティアが活躍した。
  • Q2.災害時にボランティア活動を行うためには、特別な能力や資格が必要である。
  • Q3.被災地の外で貢献できるボランティア活動がある。
  • Q4.ボランティアに求められることは、災害の規模によらずおおむね共通している。
  • Q5.救援物資を送るに当たっては、被災地で必要されているものを確認して、送る物資の内容を整理し箱の表に表示するといった工夫が必要である。