日野原 重明
日野原 重明 Shigeaki Hinohara

 日野原重明 (ひのはらしげあき)
1911年(明治44年)-2017年(平成29年)
 日野原重明 聖路加(せいるか)国際病院理事長・名誉院長は、1911年(明治44年)に山口県でお生まれになり、2017年(平成29年)7月18日に105歳で亡くなるまで生涯現役として活躍されました。
 先生は、京都帝国大学医学部並びに同大学院修了後、1941年(昭和16年)、聖路加(せいるか)国際病院の内科医となられ、その後、内科医長、院長を歴任されました。
 この間、予防医学や全人医療の導入など常に医療・医学・医学教育の革新に努められ、1993年(平成5年)には日本初の独立型ホスピスを設立されました。

 先生は、厚生労働省医師研修審議会会長、文部科学省医学視学委員・看護視学委員、 国際内科学会会長、ライフ・プランニング・センター理事長、全日本音楽療法連盟会長、日本医学教育学会名誉会長などさまざまな公職を務められました。
 また、「生きかた上手」「いのちを創る」「いのちの言葉」「命をみつめて」など「命」について深く洞察した数多くの著書があります。
 1998年(平成10年)に東京都名誉都民となられ、1999年(平成11年)には文化功労者に選ばれ、2005年(平成17年)には文化勲章を受賞されました。
 100歳を超えても診療の現場に立たれ、教育の現場で常々訴えられていた「命を自分以外の何かのために使う」ことを全うされた先生でした。

続きを読む