風水害から生き延びる!
11.マンホールや側溝などに注意

10点目は浸水している場所を歩くときには「マンホールや側溝などに注意」するということです。
平成10年9月、豪雨に見舞われた高知市では7名が亡くなりましたが、その内2名は急激な雨水の流入によってマンホールのふたがはずれ、そこに転落してしまったというものでした。
平成30年7月豪雨による災害でも、側溝で倒れて亡くなっていた方がいらっしゃいました。
浸水している場所は足下がよく見えず大変危険です。こうした場所を移動せざるを得ない場合は、棒などを持って足下を確かめながら移動するようにしましょう。

続きを読む